【平成 VS 令和】東京オリンピック会場の国立競技場の新旧比較

【平成 VS 令和】東京オリンピック会場の国立競技場の新旧比較

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

「東京オリンピックの競技場について新旧比較してみたい」
「そもそも、東京オリンピックの競技場を再建する必要性ってあるの?」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「【平成 VS 令和】東京オリンピック会場の国立競技場の新旧比較」を読めば、

「東京オリンピックの新競技場と旧競技場の違い」
「東京オリンピック2020で新競技場が再建される理由」

以上の2つが理解できます。
それでは早速、みていきましょう。

【平成 VS 令和】東京オリンピック会場の国立競技場の新旧比較

 2020東京オリンピック競技大会のメイン会場となる新国立競技場。新国立競技場は、建築家の隈研吾が設計を手がけ、2016年12月から着工した建て替え工事が、現在、順調に進んでいます。

東京オリンピックの新競技場と旧競技場について比較

 この新国立競技場には、6万8000人の収容が可能で、2020東京オリンピック競技大会では、開会式・閉会式の会場として使われるほか、陸上競技などの会場として使われる予定となっています。建て替え前の旧国立競技場も、1964年の東京オリンピック競技大会でも開会式・閉会式の会場や陸上競技の競技の会場として使われました。また、サッカーの決勝と3位決定戦の会場や馬術の大賞典障害飛越が行われるなどもしたそうです。2020東京オリンピック競技大会でも、女子サッカー決勝戦の会場になっていますが、翌日のマラソンや閉会式の都合により、男子サッカーの決勝戦は別の会場に行われることになってしまいました。
 そもそも旧国立競技場の方は、前回の東京オリンピック競技大会の会場として建設されたのではなく、1958年に行われた第3回アジア競技大会のメイン会場として建設された競技場だそうです。着工は1957年1月で完成は翌年の3月。
 旧国立競技場に比べると、新国立競技場の方は2016年12月から3年後に完成予定となっていますから、着工からかなり時間がかかっていますが、旧国立競技場の解体もあったでしょうし、最初の会場デザインが白紙撤回されるなどしたってこともありますから、旧国立競技場より完成に時間がかかったのは仕方ないのかもしれません。その後、東京オリンピック競技大会のメイン会場に旧国立競技場が使うことが決定したことで、東京五輪を2年後に控えた1962年3月から国際基準を見据えた拡張工事を開始。その際にバックスタンドの増設や、電光掲示板やナイター設備の改良が行われたそうです。

東京オリンピックの新競技場が再建される理由とは?

東京オリンピック競技大会後は、オリンピックの開催を境に世間ではスポーツへの関心が急速に高まったこともあり、旧国立競技場の屋内プールで水泳教室、体育館で体操教室が行われたりするなど、国際的な競技場でありながら、スポーツ進行の役割を担う公共施設としても使われてきたそうですが、完成から56年後の2014年に老朽化などを理由に新国立競技場に建てかわることになったのです。
 2020東京オリンピック競技大会のメイン会場となる新国立競技場の特徴は、木材を使った「日本らしさ」。座席の最前列から最後尾までがなだらかな傾斜の1層構造だった旧国立競技場に対し、新国立競技場は3つの階層が連なる3層構造。建材には木材を使用していることに加え、軒と庇には47都道府県の杉を木材として使用しています。ただ沖縄県には杉が自生していないため、杉と素材の似通っていて、沖縄県に自生する木であるリュウキュウマツを使用するそうです。
 屋根にも木材を使用しており、鉄骨のハイブリッド構造になっていて、旧国立競技場では屋根はメインスタンドだけに取りつけられていましたが、新国立競技場っは客席全面をカバーしているため、夏の暑い日差し対策もバッチリです。

新競技場と旧競技場の収容人数を比較してみた!

 新国立競技場の座席も折りたたみ式となり、その座席下にはファンを施し、気温が上昇した際には風をスタジアム内に流し込むシステムになっているそうです。旧国立競技場の収容人数は約5万4000人でしたが、新国立競技場は6万8000人に大幅に増員。前回の東京オリンピック競技大会のために旧国立競技場に取り付けられた電工掲示板は、新国立競技場には左右両側にそれぞれ1面ずつの合計2面が設置される予定となっています。
 2020年の東京オリンピック競技大会に向けて新たに整備される競技場は新国立競技場だけでなく、「有明アリーナ」「大井ホッケー場」「海の森水上競技場」「東京アクアティクスセンター」といった競技場の工事が進められていますし、1964年の東京オリンピック競技大会で使用された「東京体育館」、「国立代々木競技場」、「日本武道館」、「馬事公苑」などが、2020年の東京オリンピック競技大会でも競技場として使用されるそうです。

まとめ

 東京オリンピックの日程やチケット、競技種目などこれを見ればすべてが分かります。合わせてご覧ください。
⇒ 【総合まとめ】東京オリンピック2020のすべて

 最後に、東京オリンピックで野球競技を観たいけど、「そんな時間がない!!」という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 東京オリンピックを観戦するなら<U-NEXT>

東京オリンピックで多くの外国人観光客が来日することが予想されます。
「外国の方と話せるようになりたい!!」
「TOEICで結果を残したい!!」
と思っている方もいるのではないでしょうか。そこでおすすめな英会話コーチの【業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH】であなたも英語が話せるようになります。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH

「結果にコミット」のフレーズで有名なライザップ!夏の体系維持や改善に効果的です。健康的に肉体改造したい方、痩せたい方はこちらからどうぞ!

⇒ 東京オリンピックで自分を変えたい!結果にコミットできる【ライザップ】