【東京オリンピック】メイン会場の候補に挙がったデザイン案とは?

【東京オリンピック】メイン会場の候補に挙がったデザイン案とは?

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

「東京オリンピックのメイン会場の旧デザインが白紙になったのはなぜ?」
「東京オリンピック会場の新デザインの設計は誰が起用されたの?」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「【東京オリンピック】メイン会場の候補に挙がったデザイン案とは?」を読めば、

「東京オリンピックのメイン会場の旧デザインが白紙になった理由」
「東京オリンピック会場の新デザインで起用された人物について」

以上の2つが理解できます。
それでは早速、みていきましょう。

【東京オリンピック】メイン会場の候補に挙がったデザイン案とは?

東京オリンピックのメイン会場のデザインを手掛けたのは誰?

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックでメイン会場となる新国立競技場。その新国立競技場のデザイン案を手掛けたのが建築家の隈研吾氏です。東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り約1年ちょっとになる中、東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の工事が続いています。本体工事は2016年12月より着工、完成は2019年11月30日を予定している新国立競技場。総工費が2,651億円に膨れあがったことなどからザハ・ハディド氏の旧デザインが白紙撤回された後、新たなデザイン候補となったのが、「木と緑」をテーマにした隈研吾氏のA案と建築家の伊東豊雄氏のB案で、A案は「法隆寺」、B案は「縄文文化」からヒントを得たと提案書には書かれていたそうです。
 このA案とB案を事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が審査し、新国立競技場のデザインにはA案が採用されることになりました。
 旧デザインの白紙撤回から新デザインの採用まで、新国立競技場建設がしばらく迷走したため、本来は、東京オリンピック・パラリンピックの前年の2019年に開催されるラクビーのW杯を新国立競技場のお披露目とする予定がダメになってしまいました。

メイン会場のデザインを手掛けた隈研吾氏はどんな人物?

 ところで、新国立競技場の新デザインに採用されたA案を手掛けた隈研吾氏とは、どんな人物なんでしょう?隈研吾氏の主な作品が、栃木那須町の「石の美術館」、東京築地「ADK松竹スクエア」、南青山にある「根津美術館」、銀座にある「歌舞伎座タワー」など。建築エコノミストである森山高至氏によると、隈研吾氏は「新しい和の表現に挑戦し続け、世の中が求めるものに敏感に反応する」建築家だということです。
 そんな隈研吾氏が建築家を目指した切っ掛けは、1964年に開催された前回の東京オリンピックで建設された建築物を目の当たりにしてとのことですから、自分のデザイン案が2020年の東京オリンピック・パラリンピックで採用されて、さぞかし嬉しかったことでしょう。
 ちなみにB案を手掛けた伊東豊雄氏も、有名で実力のある建築家で、東大建築科を卒業しており、2013年に建築界のノーベル賞とされるプリツカー賞を受賞するなどしています。伊東豊雄氏が手掛けた建築物は、柱、梁、壁を工夫して空間に自由度を持たせているのが特徴で、東京都の「多摩美大図書館」や、秋田県の「大館樹海ドーム」、仙台市の「せんだいメディアテーク」、長野県の「まつもと市民芸術館」などが伊東豊雄氏の作品です。

メイン会場となる新国立競技場のデザインでA案が採用された理由とは?

 ザハ・ハディド氏の旧デザインが白紙撤回となったのは総工費が2,651億円に膨れあがったことが理由にありますから、政府は新デザインの総工費を上限1,550億円としていました。A案は約1,490億円、B案は約1,497億円とどちらも条件はクリア。また国際オリンピック委員会(IOC)が求めていた2020年1月までに会場建設が終了するといった条件も、どちらもクリアしていました。
 審査を行ったJSCの審査委員員は7名で、980点満点でA案が610点、B案が602点を獲得。8点差という僅差で、新国立競技場のデザインにA案を採用することが決まったのです。JSCの発表によると、維持管理費の抑制や構造・建築計画にはB案が上回っていましたが、業務の実施方針や工期短縮の面でA案が高く評価されたことが決め手となったそうです。
 A案のデザインに決まった新国立競技場に使われる木材は47都道府県から集められた杉を使用するそうで、木材はそれぞれの産地に向けた方角に並べられということです。

まとめ

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、開会式・閉会式、陸上競技などの会場となる新国立競技場。完成すれば、会場内の様子なども紹介されるでしょうから、今から完成が待ち遠しいですね。東京オリンピックの日程やチケット、競技種目などこれを見ればすべてが分かります。合わせてご覧ください。
⇒ 【総合まとめ】東京オリンピック2020のすべて

 最後に、東京オリンピックで野球競技を観たいけど、「そんな時間がない!!」という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 東京オリンピックを観戦するなら<U-NEXT>

東京オリンピックで多くの外国人観光客が来日することが予想されます。
「外国の方と話せるようになりたい!!」
「TOEICで結果を残したい!!」
と思っている方もいるのではないでしょうか。そこでおすすめな英会話コーチの【業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH】であなたも英語が話せるようになります。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH

「結果にコミット」のフレーズで有名なライザップ!夏の体系維持や改善に効果的です。健康的に肉体改造したい方、痩せたい方はこちらからどうぞ!

⇒ 東京オリンピックで自分を変えたい!結果にコミットできる【ライザップ】