【東京オリンピック】開会式を手掛ける8人のクリエイターとは?

2019年3月5日

【東京オリンピック】開会式を手掛ける8人のクリエイターとは?

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

「東京オリンピックの開会式って誰が出演するの?」

「東京オリンピックで開会式を手掛ける人ってどんな人?」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「【東京オリンピック】開会式を手掛ける8人のクリエイターとは?」を読めば、

「東京オリンピックの開会式で出演する8人」

「東京オリンピックの開会式でどんな演出がなされるのか」

この2つが理解できます。それでは早速、みていきましょう!

【東京オリンピック】開会式を手掛ける8人のクリエイターとは?

東京オリンピックの開会式を手掛ける8人のクリエイターとは?

 2020東京オリンピックまで、もう少しになりましたね。2020東京オリンピックで日本選手がどんな活躍をするかも楽しみですが、やはり開会式でどんな演出が行われているかも気になるところです。

 2020東京オリンピックの開会式があるのは7月24日。また閉会式があるのは8月9日です。現在、東京2020組織委員会では、世界最大規模のセレモニーであるオリンピックとパラリンピックの開会式・閉会式の準備を進めているそうです。

 東京2020組織委員会が掲げている2020東京オリンピック開会式・閉会式の全体コンセプトは【平和】【共生】【復興】【未来】【日本・東京】【アスリート】【参画】【ワクワク感・ドキドキ感】。その全体コンセプトをもとに日本を代表する8人のトップクリエイターが、開会式・閉会式の演出を手掛けるんだそうです。それでは、その8人をご紹介していきましょう!

1人目)野村萬斎

 さて、東京オリンピックの開会式を手掛ける8人にどんな方がいるかというと、まず、1人目は狂言師でありながら、映画などで活躍している俳優でもある野村萬斎さん。その野村萬斎は、2020東京オリンピックで、演出の総合統括という大役を任されています。

2人目)椎名林檎

 2人目は、日本のトップアーティストの一人であり、紅白歌合戦の出場は6回にものぼるシンガーソングライターの椎名林檎さん。椎名林檎さんといえば、独自のメロディと歌詞に加え、常に新しい演出を取り入れている方。その椎名林檎さんの音楽が、2020東京オリンピックの開会式や閉会式のどこで使われるのか楽しみです。

3人目)MIKIKO

 3人目は振付師のMIKIKOさん。MIKIKOさんはPerfumeの振り付けを手掛けているほか、昨年大きな話題となった「逃げ恋」の恋ダンスの振り付けを手掛けた人物であります。ちなみにリオオリンピックの引き継ぎ式での、振付とダンサーのパフォーマンスを担当したのもMIKIKOさんです。

4人目)山崎貴

 4人目は映画監督の山崎貴さん。山崎貴さんといえばVFXを得意とした映画監督ですから、開会式の演出にもVFXを取り入れた演出が取り入れられることでしょう。

5人目)栗栖良依

 5人目は、障害者の芸術活動を支援するクリエイティブ・ディレクターとして知られている栗栖良依さん。

6人目)佐々木宏

 また6人目も同じくクリエイティブディレクターの佐々木宏さん。この佐々木宏さんは、富士フイルムの「写ルンです」やサントリーの缶コーヒーの「ボス」のCMや、トヨタの「実写版ドラえもん」のCMなどを手掛けた人物です。

7人目)菅野薫

 7人目もクリエイティブディレクターの菅野薫さんで、東京オリンピック招致最終プレゼンで紹介された「太田雄貴 Fencing Visualized」を手掛けたのが菅野薫さんです。

8人目)川村元気

 そして最後の人物が映画プロデューサーの川村元気さん。この川村元気さん、「電車男」を手掛けた人物であり、「君の名は。」が大ヒットした立役者でもあるそうです。

 この日本を代表するトップクリエイター8人が、2020東京オリンピックの開会式・閉会式の演出を手掛けるのですから、開会式の演出がいったいどんな感じになるのか、今から楽しみですよね。

東京オリンピックの盛り上がりが過熱する休日の移動

 政府は2020年限定で、オリンピック開催期間に合わせて「海の日」「山の日」「体育の日」を移動させる改正東京五輪・パラリンピック特別措置法を提案。

 それが参院本会議で与野党の賛成多数で可決・成立したことで、2020年に限って毎年7月第3月曜日の「海の日」が開会式前日の7月23日に、10月第2月曜日の「体育の日」が開会式当日の7月24日、8月11日の「山の日」が閉会式翌日の8月10日となり、開会式がある7月24日前後が4連休、閉会式がある8月9日前後が3連休となることが決定しています。

 これは祝日化で通勤・通学や経済活動を抑え、観光客の増加などによる首都圏の交通混雑を緩和するのが狙いではありますが、仕事や学校のことを気にせず、トップクリエイター8人が手掛けた演出をゆっくり見ることができるのは嬉しいですよね。

まとめ

 オリンピックの開会式はいつの時代も注目されます。華やかなイメージで、そのオリンピックを印象付ける開会式は、皆さんの期待も高まっていることでしょう。

最後に、東京オリンピックで開会式やいろんな競技をみたいけど、

「そんな時間がない!!」

という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。

「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。

⇒ 日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!