ビジネスパーソンとして活躍するためにやるべきことと資格の必要性

2019年3月6日

ビジネスパーソンとして活躍するためにやるべきことと資格の必要性

学習の必要性はわかっていても、なかなか始められないという方も多いでしょう。

ビジネスにおいてスキルや知識の習得は必須であり、習得した技術によって、その後のキャリアは大きく変化していきます。

ビジネスパーソンとして活躍するためには学習のきっかけを作る

学習の必要性はわかっていても、なかなか始められない方は多いです。

まずは、学習における環境づくりや、きっかけづくりが重要です。

そもそも、きっかけは何でもいいのですが、例えば、英語なら1ヶ月間塾に通ってみる、あるいは、3ヶ月後のTOEIC試験に申し込む、と言ったように逃げられない環境を作ってしまうというのは一つの方法です。

また、〇月までに資格を取る、という明確な目標を設定するのも良いでしょう。

資格試験の学習は資格取得のためだけではなく、知識を効率的に身につけたり知識の幅を広げたりするのに非常に有効です。

さらに、ビジネスパーソンとなることで、社会人としてのスキルアップやビジネスに応用することもできます。

人によって考え方や環境が違うため、その人自身が取得したいという気持ちを考慮して、結果的に資格を取得することでビジネスパーソンへと成長する可能性を秘めています。

例えば、ワインの知識がある人と欧州人やワイン好きの日本人が会話するとした場合、会話も弾んでビジネスにも役に立ちます。

ワインの歴史は、すなわち人類の歴史そのものですが、入門書を読んでもなかなか頭に入っていきません。

でも、ワイン検定で基本知識を身につけておくと、すんなりと理解できるようになります。

毎日の習慣にすることでビジネスパーソンとして活躍できる

もちろん学び始めたら継続することが大切です。

毎日のお風呂ぐらい自然にできるようになるのが理想であり、ビジネスパーソンとして活躍していくなら必要不可欠です。

このことを踏まえて、お風呂に入ったときには必ず問題集を解く、電車での移動時間は英語を聞く、などと決めておくと、「お風呂や移動時間=学習」という習慣ができます。

これが慣れてくると、世界史や地理、英単語 を追加で学習することも可能になります。

しかし、ビジネスパーソンになるためには、具体的に何から学んでいけばいいのでしょうか?

例えば、政治、経済、英語、現代文を核にして、倫理や歴史などに広げていきます。

また、現代文で論理力を身につけると、自分の主張を説明できるようになり、ビジネスにも大いに役立ちます。

このように、ビジネスパーソンになるためには、さまざまなジャンルで幅広い知識が必要になりますが、これらの身につけたスキルや知識技術は、必ずビジネスにも応用されるでしょう。

また、時間効率の高い学習法としては、大学受験や資格試験の参考書を活用することがおすすめです。

というのは、重要なポイントが分かりやすくまとめられているうえ、問題と答えがあるからです。

問題について考え、それから回答を見て考えた結果と照らし合わせるという、この繰り返しによって知識が自分のものになり、記憶として定着していくのです。

まとめ

最後に、資格試験は毎年のように誕生し、多種多様な分野に及んでいます。

興味のあるものを見つけて、時間効率の高い学習法を試してみてはいかがでしょうか?

そうすれば、あなたもきっとビジネスパーソンとして現代社会で活躍することができるでしょう。