投資、転職、家庭教師、ダイエット、IT、教育、ブライダル、暮らしなど総合ジャンルのおすすめ情報を取り扱っています。

愛Tソリューション|ビジネスに関する稼げるアイデアをご紹介

現代社会には、ビジネスに関する様々な情報が飛び交っています。しかし、なかには「分からない」と感じる方も多いでしょう。愛Tソリューションでは、そんな現代ビジネスの分かりにくい情報を分かりやすく解説し、発信していきます。

スポンサーリンク
愛Tソリューション|ビジネスに関する稼げるアイデアをご紹介

【決定】サウジアラビアなどのOPECが石油の減産!!石油価格の値上がりを考察!!

本記事は、サウジアラビアなどからなる石油輸出国貴機(OPEC)にロシアなどの産油国が加わったOPECプラスは、世界の景気の減速の不安を理由に、11月以降の原油の生産量をおよそ200万バレルを超える大量の減産についてまとめてみました。私たち国民の生活に影響する燃料費について考察しました。どうぞ最後までご覧ください。
愛Tソリューション|ビジネスに関する稼げるアイデアをご紹介

【特集】リチウム争奪戦が激化してくる!?世界が狙う原料を考察!!

本記事は、世界が注目し参入を狙っていると言われている、南アメリカのリチウムについての争奪戦の様子を考察してみました。リチウムはスマホや電気自動車などのバッテリーの原料として使われている為、世界各国が参入を狙っていると言われています。どうぞ最後までご覧ください。
愛Tソリューション|ビジネスに関する稼げるアイデアをご紹介

世界金融は大丈夫か!?英国売りが進み英ポンド相場の値下がりすすむ原因を考察!

本記事は、現在イギリスでは、新大統領トラス政権が発足し動き出していますが、トラス大統領が進めている政策で「大型減税」に対し、イギリスの金融市場では動揺が広がっているというのです。トラス大統領の経済政策が経済悪化になり、世界的金融の不安の可能性を考察しました。どうぞ最後までご覧ください。
【速報】最新の経済ニュース!おすすめ情報をわかりやすく解説!

介入の効果を考察!!円安進む状況は果たして効果はあったのか!?

本記事は、政府日銀が、2022年9月22日に、円安が急速に進むことへの警戒で、3兆円に昇る規模で、円を買ってドルを売る市場介入に踏み切りました。その効果もあり、一時的に140円台まで値上がりしたものの、すぐに144円台の水準に戻りました。この市場介入の効果を掘り下げてみました。どうぞ最後までご覧ください。
愛Tソリューション|ビジネスに関する稼げるアイデアをご紹介

アメリカ連邦準備制度理事会パウエル議長の発言「さらなる痛みの覚悟」を考察!!

本記事は、2022年9月22日、アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)の利上げが決定したことを受け、FRBのパウエル議長が記者会見で発言したことを踏まえ、利上げ姿勢を貫く姿勢、今後のアメリカ経済の見通しなど明らかになった点や感じたことなどをきじにしました。どうぞ最後までご覧ください。
【速報】最新の経済ニュース!おすすめ情報をわかりやすく解説!

【決行】24年ぶりの市場介入!!急激な円安の動きに歯止め!?その効果を考察!!

本記事は、2022年9月22日市場介入が行われた件で政府の動きや、考えについてまとめました。今回、日本政府は外国の為替市場にて1ドルが145円台まで進んだことを受け、この急速な円安の動きストップをかけるために、ドル売り円買いの介入を決行しました。今後の日本経済への効果はいかに!?を考察しました。どうぞ最後までご覧ください。
【速報】最新の経済ニュース!おすすめ情報をわかりやすく解説!

【発表】米FRB金利3.00~3.25に決定!!今後の情勢を考察!

2022年9月21日アメリカFRBの会合で、金利3.00~3.25との大きな利上げが決定されました。今回の決定は、前回前々回の6月7月に続き、今回で3回目となる、0.75%の利上げ幅に決まりました。今後のアメリカ情勢、日本の動きなどを踏まえ考察しました。どうぞ最後までご覧ください。
愛Tソリューション|ビジネスに関する稼げるアイデアをご紹介

金融緩和政策続行!?本日金融政策の決定会合!!日本銀行黒田総裁の発言いかに!?

本記事は、本日から開催される金融政策の会合に先立ち、20日発表があった日本の8月の消費者物価指数の値が、2.8%を付ける今、注目の会合が開かれます。と同時にアメリカにおいても連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策決定会合の発表があります。金利差は、両国の動きを考察しました。どうぞ最後までご覧ください。。
【速報】最新の経済ニュース!おすすめ情報をわかりやすく解説!

一体どこまで上がるのか!?30年ぶりの上昇見せる日本の物価指数を考察!!

本記事は、本日2022年9月20日発表のありました、日本国の消費者物価指数(CPI)について考察しています。今回の上昇率は30年ぶり上昇率2.8%の高水準となりました。これは日銀や政府が目標としている2%を5ヵ月連続で越えて言います。国民目線も交えながらの記事です。どうぞ最後までごらんください。
【速報】最新の経済ニュース!おすすめ情報をわかりやすく解説!

どこまで上がる!?円安にストップがかからない!?日銀政府の動きを考察!!

本記事は、円安が続く今、日本銀行や政府の動きについてまとめてみました。2022年8月13日発表のアメリカの消費者物価指(CPI))が7月に比べ上昇率は鈍化したものの、8.3%の上昇をつけました。これを受け、今、円安ドル高は進む一方となってます。今後の日本銀行や政府の動きを考察しました。どうぞ最後までご覧ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました