必至のIT革命!プログラミング教育を通じた地方創生のチャレンジ

2020年、小中学生を主な対象としたプログラミング教育必修化に伴い、さまざまなプログラミング教育サービスが開始しています。

ここでは、そのなかでも、NTT西日本が開発中のプログラミング教育サービスについて解説していきます

プログラミングで子供に未来の選択肢を作る

NTT西日本は、2020年度プログラミング教育必修化を見据え、小中学生を主な対象としたプログラミング教育サービス(CodeKits)をアライアンス企業などと開発中です。

教育現場へのICT環境の整備に加え、教材の配信、教材コンテンツの開発(カリキュラム新指導者養成教材など)さらには、教育ICTの地域人材を養成するハブとして、講師養成や派遣までを行う総合的なサービスとして行う考えです。

子供達に普遍的な生きる力としてのプログラミング的思考と、問題解決手法などを育み、地域からでも世界へチャレンジできるという夢を持ってもらいたいという考えです。

地域に存在する人材をプログラミング教育指導者に

プログラミング教育の普及では、教育指導者の不足が最大の課題となっています。

この解決を図るために、NTT西日本は独自のプログラミング指導者養成カリキュラムを持つベンチャー企業のキャスタリア、及び上越教育大学などと連携しています。

地域の大学生や会社をリタイヤした優秀なエンジニアなどの人材を、プログラミング指導者として要請し、地域完結型の教育モデルを作り出します。

子供向けプログラミング教育は、地方創生といえども、21世紀型人材を地域で育成する人づくり、プログラミング指導者を養成し雇用創出につなげる仕事づくり、こうした人材によるイノベーションなまちづくり、に直結します。

NTT西日本は、このようなプログラミング教育サービスを通じて、地方創生かけるICTを実現していく考えのようです。

まとめ

最後に、2020年のプログラミング教育必修化 に伴い、教育現場ではその導入準備に追われています。

プログラミングなど扱ったことのない先生方が、生徒に指導するという矛盾したことが起こらないように、適正な準備が必要となってくるでしょう。