IT技術の進歩に伴いAIが注目!今後のAIの方向性とは?

2019年1月25日

AIが産業界に及ぼす影響は大きく様々な市場が大きく姿を変えます。

AI を活用した事業のチャンスはどこにあるのか、ここでは、各種市場の予測や政府のまとめたロードマップを基に考察してみます。

IT業界を中心に急成長するAI市場

AIの応用領域は非常に広範囲であり、市場予測は調査会社によって大きく異なります。

また、AIビジネスの国内市場、AIを活用した分析サービスやAI環境を構築するためのコンサルティング、SI、AI環境を支えるプロダクト、クラウドサービスなどの見通しが、2030年度に2兆1200億円になると予想されています。

しかし、ある研究所はAI関連産業の市場規模、AIを活用した機器システムなどの国内、さまざまな産業分野での市場規模について、2015年の3.7兆円から2030年に187兆円に成長すると予想されています。

中でもオンデマンドモビリティや自動運転トラック輸送など、運輸業関連市場が急速に立ち上がり、30兆円を超えると予想されています。

人工知能AIを加速させる事業構想

人工知能ビジネスが活況を呈しています。

世界各国で活躍するIT企業が一般誌に登場する回数も増え、人工知能ビジネスに挑戦したいという声も数多く耳にします。

Googleにおける検索頻度を調べてみると、人工知能の英語の検索動向は増加傾向にありますが、2012年時点でも一定数あったことがわかります。

一方で、日本において2014年以前はほとんど検索されておらず、2015年からようやく少しずつ一般化しアルファGOが、2016年3月に数多くの世界戦優勝経験のあるプロの棋士に挑戦し、4勝1敗と勝ち越した出来事が人工知能ブームの着火点となっています。

その後、ワトソンによる白血病診断が取り上げられ、注目度が増しています。

このブームの背景には、ディープラーニング(深層学習)の活用が進み、AI(人工知能)、特に機械学習分野でイノベーションが起こり、学習精度が飛躍的に向上したことが挙げられます。

この人工知能分野における一つのイノベーションディープラーニングをどう使うのか、あるいはディープラーニングにどう関わっていくのか、すでに人工知能研究社のサイドから動きが出ています。

人工知能研究で、日本は大きな役割を果たしてきましたが、人工知能の社会実装においては大きく出遅れています。

これは、機械学習という実データを基盤とする分野においては致命的なことです。

そして、人工知能エンジニアの希少価値はグローバルでますます高まっており、人材獲得はますます困難になっています。

社会実装を想定した際に必要となるのは、モノとしての人工知能技術やアルゴリズムだけではなく、社会との接点を規定し、コミュニケーションしながら実装する、ヒトと紐付いた人工知能技術です。

日本において、この人資源は限定されています。

アメリカのように、グローバルに優秀な人工知能エンジニアを獲得できていないなかで、どのように勝負を仕掛けるのか、21世紀の日本も資源のないなかでの戦いを強いられるのでしょう。

多くの人がその未来を願っています。

そのための一つの解決策は、事業構想と人工知能が手を組み、社会に必要な構造から少ない人資源とデータ資源を最大限に活用することに活路を求めるしかありません。

まとめ

最後に、IT技術の進歩によりAI(人工知能)も飛躍的に制度が向上しました。

今後は、さらなる向上を目標に構想を具体的化し、戦略性をどのようにして見出すかが課題となっています。