【東京オリンピック】ボランティア募集のホームページに批判集中

【東京オリンピック】ボランティア募集のホームページに批判集中

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

「東京オリンピックのボランティア情報について知りたい」
「東京オリンピックのボランティア募集のホームページについて知りたい」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「【東京オリンピック】ボランティア募集のホームページに批判集中」を読めば、

「東京オリンピックのボランティア情報の詳細」
「東京オリンピックのボランティア募集のホームページの実情」

以上の2つが理解できます。
また、こちらには東京オリンピックのボランティアに関連する記事を紹介しています。合わせてご覧ください。
⇒ 【東京オリンピック】ボランティアの応募条件と募集期間は?
⇒ 【豪華ゲスト登場】東京オリンピックのボランティア説明会の内容

それでは早速、みていきましょう。

【東京オリンピック】ボランティア募集のホームページに批判集中

東京オリンピックのボランティア募集のホームページに批判が集中した理由とは?

 2018年の9月12日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、大会ボランティアの募集を同年9月26日の13時から開始すると発表しました。その発表後、2020東京オリンピック・パラリンピック大会の大会ボランティアへの参加を希望する、多くの人たちの応募がありました。2020東京オリンピック・パラリンピック大会での大会ボランティアの活動は多岐にわたっており、表彰式の手伝いといった表舞台に出れることから、裏方に徹する活動など様々ですが、どの活動も2020東京オリンピック・パラリンピック大会のために働けるやりがいのあるものです。そうしたこともあり大会ボランティアに多くの人の応募がありました。
 東京オリンピック大会組織委員会への大会ボランティアへの応募は先着順ではなかったため、募集定員である8万人を越えた後も、募集の受け入れは続けられ、最終的には募集人数を遥かに越える20万人以上の応募があったそうです。
 この2020東京オリンピック・パラリンピック大会の大会ボランティアへの応募は、東京2020公式ウェブサイト内にあったボランティア募集のホームページからできたのですが、そのボランティア募集のホームページがあまりにも使いにくいことに批判が殺到していました。東京2020公式ウェブサイト内にあったボランティア募集ページがどんな感じで使いにくかったかというと、もっとも多かったのが募集要項を入力するのに、あまりにも時間がかかり過ぎる、入力が難しいといった批判です。2020東京オリンピック・パラリンピック大会の大会ボランティアに応募するためには、氏名や生年月日といった基本的な情報だけでなく、スポーツ経験、ボランティア経験の有無などを記入しなければならず、入力しなくてはいけない必要事項が多いこともあり、東京2020公式ウェブサイトにも「入力には約30分かかる」と赤く大きな文字で書かれてはいたようです。しかし、実際入力してみると、30分では終わらなかったといった方が続出。70個以上ある入力必要項目に心が折れ、大会ボランティアへの応募を断念してしまった人は少なくなかったかもしれません。また、応募が殺到して回線が重くなっていたためか、ボランティア募集ページに不具合があったためかわかりませんがエラーも頻発し、生年月日を入力するだけでも何度も繰り返すことになってしまい、必要事項の入力にさらに時間がかかってしまうなどもしたようです。

⇒ 東京オリンピックで自分を変えたい!結果にコミットできる【ライザップ】

スマホではさらに見にくい東京オリンピックのボランティア募集専用ホームページ

 そのほか、東京2020公式ウェブサイトはパソコンだけでなくスマホからのアクセスも可能で、スマホからも大会ボランティアへの応募ができたのですが、スマホの応募画面は入力しないといけない必要事項が多くて時間がかかってしまうことに加え、ページが使いにくい作りになっていることや、文字がつまって見にくくなってしまうなどして、パソコンからの大会ボランティアへの応募に拍車をかけた難しさになっていたとのことです。
 画面が見ずらい、使いにくい、エラーが多いといった多くの問題があった東京2020公式ウェブサイトのボランティア募集ページですが、そもそもパソコンやスマホから大会ボランティアに応募する時点で、入力に30分以上かかってしまうような項目を入力する必要があったのかが疑問です。募集したのは、給料やバイト料をもらって、2020東京オリンピック・パラリンピック大会に関連した業務をする人ではなく、ボランティアで働いてくれる人なんですから、サイトから応募する時点では、5分程度で入力できる項目だけでもいいはずです。
 2020東京オリンピック・パラリンピック大会の大会ボランティアへの参加を希望している人の条件に、「2020東京オリンピック・パラリンピック大会の大会ボランティアとして活動したいという熱意を持っている方」というのがありましたから、応募でボランティアに参加して2020東京オリンピック・パラリンピック大会を支えたいという熱意を失うぐらいでは駄目とか、大会ボランティアへの応募が募集定員をはるかに越えそうだから、募集する人を少しでも減らすことを目論んで、敢えて入力を難しくしたってこともあるかもしれないですね。
 こちらに東京オリンピックのボランティアに関連する記事をまとめます。合わせてご覧ください。
● 東京オリンピックのボランティアの応募条件や期間について知りたい方はこちら
⇒ 【東京オリンピック】ボランティアの応募条件と募集期間は?
● 東京オリンピックのボランティア説明会の内容について知りたい方はこちら
⇒ 【豪華ゲスト登場】東京オリンピックのボランティア説明会の内容

まとめ

 批判が集中した東京オリンピックのボランティア専用ホームページですが、批判を受けて炎上した結果、ある一定の注目を浴びて宣伝効果に繋がったといわれています。これも日本政府の戦略の1つなのでしょうか。
 最後に、東京オリンピックでいろんな競技をみたいけど、
「そんな時間がない!!」
という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。
 「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。

⇒ 日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!