東京オリンピックで注目の男子テニス!錦織圭選手の活躍に期待!

東京オリンピックで注目の男子テニス!錦織圭選手の活躍に期待!

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

「東京オリンピックのテニス競技について知りたい」
「東京オリンピックでの活躍が期待される錦織圭選手について知りたい」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「東京オリンピックで注目の男子テニス!錦織圭選手の活躍に期待!」を読めば、

「東京オリンピックのテニス競技について」
「東京オリンピックでの活躍が期待される錦織圭選手について」

以上の2つが理解できます。
それでは早速、みていきましょう。

東京オリンピックで注目の男子テニス!錦織圭選手の活躍に期待!

世界ランク上位でも出場できない!?東京オリンピックでの錦織選手出場条件を詳しく解説

 東京オリンピックに錦織選手が出場するには条件がありました。驚いたことに、世界ランク上位の選手が必ずしも参加できるとは限らないのです。

東京オリンピックのテニス競技に出場できる条件とは?

  1. オリンピックが開催される時点で、男子14歳以上、女子15歳以上でなければなりません。
  2. 世界ランキング56位以内(2020年の全仏オープン終了時点)であることも条件です。(まず、錦織選手は問題ないでしょう)
  3. 過去4年間で、デビスカップあるいはフェドカップ(女子)に3回出場することも求められます。

ただし、過去にデビスカップあるいはフェドカップに20回以上出場していれば出場条件を得ることができます。また、所属する国のチームが2016年8月から2020年6月までにゾーングループにいることも必要です。リオ五輪から2020年のデビスカップファイナルまで3回出場している日本の選手は、ダニエル太郎、西岡良仁、杉田祐一、内山靖崇、マクラレン勉選手で、錦織選手は残り2回に出場しなければなりません。

国際テニス連盟の枠がある

 他にも、ITF(国際テニス連盟)からアジア、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ(2人)の5大陸から6名とIOC(国際オリンピック委員会)から2名が決定されます。東京オリンピックでのITFの2枠は、過去の成績が良くても故障などにより56名枠に入らなかった選手などに与えられると考えられ、フェデラー選手が有力視されています。もう1つがホスト国日本に割り振られる見込みです。錦織選手が実力どおりの力を発揮すれば、東京オリンピックへの出場は決定的です。

東京オリンピックで注目の男子テニス!錦織圭選手の活躍に期待!

錦織圭選手の必殺技「エアケイ(Air-K)」とは

 日本テニス界のプリンス、錦織圭選手の代名詞は、だれもが耳にしたことがあるでしょう。ジャンプをしながら相手コートにフォアファンドで放つ鋭いショットは、数々の海外プレイヤーを圧倒してきました。錦織選手は、いつごろから「エアケイ」を打ち始めたかというと、実に中学生のころからというから驚きです。

錦織圭選手の必殺技「エアケイ(Air-K)」の誕生秘話

 すでに、「全国選抜ジュニアテニス選手権大会」「全国小学生テニス選手権大会」「全日本ジュニアテニス選手権大会」と小学生の全国大会三冠を達成していた錦織選手。しかしながら、錦織選手がさらにレベルを上げるためには、身長が低かったのです。150cmだった錦織選手が高いバウンドの球を打つために、コーチがジャンプして打つことを提案しました。「エアケイ」の誕生です。
 ただし、当初の「エアケイ」は高い球を打つためのもので、現在のような相手を圧倒するものではありませんでした。高い球を打てるようになり、はじめて勝負を決める必殺技へと昇華させたのです。「エアケイ」は、精度が高く威力も強い球で、打ち返すことは至難の業といわれます。上位選手にも「エアケイ」のような球を打つ選手は珍しく、相手選手にはタイミングが取りづらくマジックのようにさえ見えるようです。それが高速でリターンされてくるわけですから、手の打ちようがありません。錦織選手の「エアケイ」は、古くて新しいのです。

錦織圭選手のテニス競技のメダル獲得に期待

 世界ランク4位に浮上したこともある錦織選手は、現在9位でトップ10を維持しており、すでに東京オリンピックに出場することが決定的です。昨年11月のトークショーでは、「本当に楽しみ。自国で開催されることは誰しもが経験できる、というわけではないので、タイミングに感謝したい」東京オリンピックへ向けて抱負を語りました。錦織選手は現在29歳。東京オリンピックでは30歳と、まさに脂の乗った時期。
 オリンピックでも、2008年の北京オリンピックに18歳にして初出場。2012年のロンドンオリンピックではベスト8、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは銅メダルを獲得しています。日本人がオリンピックのテニス種目でメダルは、1920年のアントワープオリンピックで熊谷一弥選手が獲得して以来、実に96年ぶりの快挙でした。
 錦織選手は、続けて「色んなボランティアの方たちが、自分たちや海外から来た人たちのために、おもてなしだったり思いやりのある行動をしてくれたことがとても印象に残っている」と語り、周囲の力が大きいことも実感しています。東京オリンピックにボランティアなどで参加することは、テニス界に限らず選手へ大きなパワーを送っていることだと思われます。

東京オリンピックで注目の男子テニス!錦織圭選手の活躍に期待!

 スポーツを始めたい方向けに、さまざまなスポーツグッズを取り揃えているショップをご紹介しています。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 世界最大級のスポーツ専門オンラインショップ!

 さらに、楽天でもさまざまなスポーツ関連商品を取り扱っています。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ スポーツで検索!スポーツ用品をネットで買うなら楽天市場

東京オリンピックで注目の選手は錦織圭選手だけじゃない!大坂選手の出番は?

 東京オリンピックでのテニス競技は、7月25日から8月2日にかけて行われます。9日間にわたる熱戦の舞台になるのは有明コロシアムがある有明テニスの森。テニス競技は、まず、シングルスとダブルスがあります。シングルスは、男子と女子、ダブルスでは、男子と女子の部に加えて、混合があり、合計で5種目が採用される予定です。
 錦織選手は、2016年のリオデジャネイロオリンピック準決勝で、イギリスのアンディ・マレーに惜しくも敗れました。しかし、3位決定戦ではスペインのラファエル・ナダルと対戦、見事に勝利して日本にメダルをもたらしたのです。女子の部では大坂なおみ選手も強化選手として着々と力をつけてきており、9日間にわたって日本人選手の活躍がみられるのではないでしょうか。

東京オリンピックで注目の選手は錦織圭選手だけじゃない!大坂選手の出番は?

東京オリンピックのテニスを楽しく観戦するためのおすすめの方法をご紹介

 東京オリンピックのテニス競技は楽しく観戦したいですよね。ここでは、そんな方におすすめの観戦方法を紹介していきます。

会場で観戦する

 東京オリンピックの観戦チケットの購入方法については、公式サイトをはじめとして、大会期間中は会場周辺の販売窓口でも購入することができます。気になるチケットの料金ですが、いちばん安いもので3,000となっており、比較的、求めやすい価格となっています。一方、いちばん高いものは54,000円。果たして、どのように観戦するか、思案のしどころです。
 他にも、2020年に開催されるということで、2,020円で購入できる「グループ購入」や、学生向けの「学校連携プログラム」などがあり、自分に合ったチケットを購入したいところです。ただし、申込多数の場合は抽選。錦織選手や大坂選手の活躍を生で応援するには、運も影響しそうです。
 当選したら、りんかい線の「国際展示場駅」やゆりかもめの「有明駅」「有明テニスの森」などが最寄り駅となります。有明コロシアムに加えて48面もコートがありますから、迷わないように注意が必要です。

テレビで観戦する

 東京オリンピックでのテニス競技は、概ね11:00~20:00に行われます。7月25日から29日にかけて予選が行われ、最終日の8月2日の日曜日に決勝戦という運び。チケットが取れなかった人も、テレビの前で応援ができそうです。

錦織圭に続く選手たち!代表候補を知る

 会場で観戦する人もテレビの前で応援する人も、予備知識として代表候補をしておいた方がより楽しめると思います。男子の部を見ると、当然、筆頭は錦織圭選手。実績は申し分ありません。年齢的に最後のオリンピックになる可能性が高いので、リオデジャネイロオリンピックより、メダルの色を輝かせてくれる期待を持てます。
 続いては、リオデジャネイロオリンピックで惜しくも3回戦で敗退したダニエル太郎選手。クレーコートに強く、191cmの長身から放つサーブが武器。ストロークにも粘り強いものがあります。

ダニエル太郎選手

 同じく、2回戦で敗退した杉田祐一選手。175cmとツアー参戦選手の中では小柄ながらも、やはり、カウンター気味のストロークが武器です。リオデジャネイロオリンピックに出場していない西岡良仁選手も有望株で、2014年の仁川アジア大会で団体銅、シングルスでは、実に男子40年ぶりとなる金メダルを獲得しました。杉田選手よりも小柄の170cmながら、フットワークを活かすとともに、サウスポーのストロークを武器にしています。

杉田祐一選手

候補に名乗りを上げる選手

 錦織選手から、日本でトップレベルと評されたフォアハンドを持つ21歳の綿貫陽介選手。2017年の全日本選手権で1位と日本王者の経歴があります。22歳と同世代の高橋悠介選手も国内の大会でタイトルを取り続けてきて2018年に日本王者を奪取した選手。2人は、ともに東京オリンピックを目標としてプレーを続けてきたといいます。思いは通じるのでしょうか。

綿貫陽介選手

新鋭もおさえる

 テニス界の次世代エースと期待されるのが、田島尚樹選手。男子ジュニアの全仏オープンで優勝を果たした17歳の新鋭です。日本人では12年ぶりで、そのときの優勝者はご想像どおり錦織圭選手。17歳の田島選手は175cmと小柄ながら200kmを超える高速サーブを放ち、バックハンドは両手打ちなど共通項も多く期待が持てます。

田島尚樹選手

もしかすると、黄金カップルも

 2018年の全米オープン女子、優勝の栄冠をつかんだ大坂なおみ選手。テニス競技には、混合ダブルスという種目があるのです。そう、錦織圭選手と大坂なおみ選手の黄金カップルは果たしてあるのでしょうか。リオデジャネイロオリンピックで日本は混合ダブルスの出場権を得ることはできませんでした。
 しかし、東京オリンピックでは1ペアが出場できる開催国枠があります。トップクラスの選手は、まず、シングルスでのメダルを念頭に置いて参戦することが考えられます。それでも、期待してしまいませんか。ただし、混合ダブルスには条件があります。混合ダブルスは、シングルスかダブルス(男子、女子)に出場している選手同士でしかペアを組めないのです。混合ダブルスで、金メダルを狙いに行くとすれば、錦織圭選手と大坂なおみ選手の日本最強ペアもありえない話ではありません。本番を楽しみに待ちませんか。

錦織圭選手と大坂なおみ選手の黄金カップル

まとめ

 オリンピックで日本人選手がはじめてメダルを獲得した競技がテニスでした。それから、数々の選手がオリンピックに出場していますが、今回の東京オリンピックほど、メダルが近いことはないでしょう。中学生のときから磨き上げてきた「エアケイ」が炸裂することを期待せずにはいられません。ダブルスに大坂なおみ選手との黄金カップルで出場するかも見どころです。錦織選手が表彰台のいちばん高いところに立つことを願いながら、会場で、テレビで、応援しませんか。
 最後に、東京オリンピックで野球競技を観たいけど、「そんな時間がない!!」という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 東京オリンピックを観戦するなら<U-NEXT>