【東京オリンピック2020】人気競技の日程は?会場はどこ?

【東京オリンピック2020】人気競技の日程は?会場はどこ?

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

「東京オリンピックの人気種目の日程はいつ?」
「東京オリンピックの人気競技の会場はどこ?」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「【東京オリンピック2020】人気競技の日程は?会場はどこ?」を読めば、

「東京オリンピックの人気種目の日程について」
「東京オリンピックの人気競技の会場の場所」

以上の2つが理解できます。
それでは早速、みていきましょう。

【東京オリンピック2020】人気競技の日程は?会場はどこ?

 東京2020オリンピック競技大会では、史上最多の33競技・339種目が、2020年7月24日の開会式翌日から8月9日までの日程で、42の競技会場で開催される予定となっています。様々な競技が様々な会場で開催されますが、東京2020オリンピック競技大会の競技の中でも、とくに人気が高い競技が、どの日程で、どこの会場で行われるかをちょっと説明したいと思います。

東京オリンピックの人気競技の日程はいつ?会場はどこ?

 東京2020オリンピック競技大会の開会式の日程が2020年7月24日で、閉会式の日程は8月9日で、開催会場は、現在も建設が続けられている東京2020オリンピック競技大会のメイン会場となる新国立競技場です。夏季オリンピックの花形競技の1つである陸上競技の会場も新国立競技場です。
 競技日程はトラック競技が7月31日から8月8日の日程で開催。ただし競歩は8月1日から8月7日の日程で開催されます。またマラソン女子は8月2日に、マラソン男子は8月9日に開催されます。
 同じくサッカーも新国立競技場を会場としますが、サッカーは新国立競技場のほかに、埼玉スタジアム2002や日産スタジアム(横浜国際総合競技場)、宮城スタジアム、札幌ドームなどを予選リーグの会場となっていて、7月22日から8月8日の日程で実施されます。
 そのほか7月27日と28日の日程でラグビーが実施される予定となっています。日本のメダルが期待できる柔道の会場となるのが日本武道館で、開催日程は7月25日から31日。有明体操競技場では、体操や新体操が開催される予定となっており、体操の日程は7月25日から8月3日。新体操は8月5日から7日の日程で開催されることになっています。
 また、有明体操競技場はトランポリンの会場でもあり、トランポリンについては7月29日から8月1日の日程で開催されます。
 日本でもプロリーグがスタートし、注目が高まっているバスケットボールは、7月25日から8月9日の日程で開催され、会場は夢の島ユースプラザアリーナB。東京2020オリンピック競技大会から採用となったバスケットボール(3×3)については開会式翌日からスタートします。
 同じく東京2020オリンピック競技大会からの採用種目であるスケートボードのストリート・パークや、サーフィン、自転車競技のBMXフリースタイル、スポーツクライミングなども大会前半からスタートし、各開催会場で大会後半までほぼ大会期間を通じて開催されるため、若者の大会への興味を駆りたて続けてくれることでしょう。自転車競技のBMXフリースタイルの会場は有明BMXコースですが、MTBの方は海の森MTBコースを会場に開催。また、ロードレースについては武蔵の森で、トラックについては有明ベロドロームでの開催を予定しています。新種目であるBMXフリースタイルに注目が集まっている自転車競技ですが、大会初日という日程で開催される男子ロードレースにも注目です。男子ロードレースは午前11時に武蔵野の森公園をスタートし、ゴールの富士スピードウェイを目指しますが、その途中の富士山麓の景色が東京2020オリンピック競技大会の幕開けを世界中に印象づけてくれると期待されています。

まとめ

 東京2020オリンピック競技大会では、注目の競技の日程がうまく分散されていて、17日の期間の間、ずっと絶え間なく熱狂できるようになっています。とくにスーパーサタデーとなる大会第1週目の週末には、様々な会場で開催されている多くの競技でメダルが決まり出します。注目の競技を見逃さないようにするために、どの競技がどの日程で開催されるかをチェックしておくのを忘れないようにしてください。
 最後に、東京オリンピックで野球競技を観たいけど、「そんな時間がない!!」という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 東京オリンピックを観戦するなら<U-NEXT>