【東京オリンピック】各ボランティア活動の必要人数はどれくらい?

【東京オリンピック】各ボランティア活動の必要人数はどれくらい?

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

「東京オリンピックのボランティアについて知りたい」
「東京オリンピックで活躍するボランティアの必要人数ってどれくらい?」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「【東京オリンピック】各ボランティア活動の必要人数はどれくらい?」を読めば、

「東京オリンピックのボランティアについての詳細」
「東京オリンピックで活躍するボランティアの必要人数

以上の2つが理解できます。
それでは早速、みていきましょう。

【東京オリンピック】各ボランティア活動の必要人数はどれくらい?

 2020東京オリンピック大会を支える役目を担っているオリンピックボランティア。ただ、東京オリンピック大会のボランティアと一口に言っても、ボランティアの活動内容は様々ですし、必要とするボランティアの人数も違っています。
 2020東京オリンピック大会では、大会ボランティアで80000人、都市ボランティアで20000人のボランティアが活躍することになっていますが、ボランティアの活動内容にはどんなことがあって、どれぐらいの人数を必要としているのかを話してみたいと思います。

東京オリンピックで必要なボランティアの人数はどれくらい?

 まず2020東京オリンピック大会のボランティアの活動に、選手を含めたオリンピック・パラリンピック関係者の案内をするほか、チケットやセキュリティチェックのサポートなどもあります。このボランティアには空港やホテルでの関係者の入国や宿泊案内などや、空港や会場近くの駅から会場までの観客の案内などの活動もあります。
 案内する相手が日本以外の方の場合もあるので、語学力を活かしたいといった人にピッタリです。必要とするボランティア人数は6,000〜25,000人です。
 同じ案内に関係した活動には式典に限定されたものもあります。こちらは表彰式で選手や関係者の案内をするほか、メダル・記念品の運搬などで表彰式運営をサポートするのが役目です。
 東京オリンピック大会の会場外ではなく、大会会場中での活動ということもあり、必要とするボランティアの人数は1,000〜2,000人だそうです。そのほか、各競技および練習会場内で競技運営などのサポートを行うボランティアに15,000〜17,000人、オリンピック・パラリンピック関係者が会場間を移動する際に車を運転するなどして移動をサポートするボランティアに10,000〜14,000人を必要としています。
 運営サポートのボランティアには、ほかにもスタッフのユニフォーム配付、選手団やメディアなど関係者への物品貸出しをするボランティア活動もあり、こうした競技会場・選手村・車両運行などの運営サポートをするボランティアには8,000〜10,000人ほどの人数を必要としています。

 また、2020東京オリンピック大会ボランティアの中には、専門的なスキルを必要とするものもあり、海外要人などや外国人選手が快適に日本で生活できるよう外国語でコミュニケーションをサポートするアテンドのボランティアや、急病人やけが人が出た場合の対応や、搬送サポート、ドーピング検査員の検査のサポートを行うヘルスケアのボランティア。通信機器などの貸出しや回収をサポートするテクノロジーのボランティアや国内外のメディアが円滑に取材することができるよう、各種サポートを行うメディアボランティアなどもあります。必要とするボランティアの人数は、アテンドが8,000〜12,000人、ヘルスケアが4,000〜6,000人、テクノロジーが2,000〜4,000人、メディア2,000〜4,000人だそうです。

ボランティア応募者の男女比はどれくらい?

 募集人数をはるかに越えた約20万人もの人数の応募があった東京オリンピック大会の大会ボランティアですが、応募者の構成の男女比は男性が 36%、女性が64%と女性が多く、国籍の構成比率は日本国籍64%、日本国籍以外36%、日本国籍以外の外国人が約4割近くも占めています。都市ボランティアの方も応募者の男女比は女性が6割を占めていたようですが、外国籍の応募者は約10%しかなかったそうです。
 2020東京オリンピック大会のボランティアには様々な活動がありますが、それぞれのボランティア活動には必要とする人数が定められています。そのため、応募者の中には自分が希望した活動のボランティアになれない可能性もあることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

まとめ

 東京オリンピックはボランティアの協力なしでは成功は成し得ません。各ボランティアの必要人数はそれぞれ異なりますが、みんなで協力して成功に導きましょう。
 最後に、東京オリンピックで野球競技を観たいけど、「そんな時間がない!!」という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 東京オリンピックを観戦するなら<U-NEXT>