【東京オリンピック】陸上競技の日程は?どんな種目があるの?

【東京オリンピック】陸上競技の日程は?どんな種目があるの?

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

「東京オリンピックの陸上競技の日程について知りたい」
「東京オリンピックの陸上競技にはどんな種目があるの?」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「【東京オリンピック】陸上競技の日程は?どんな種目があるの?」を読めば、

「東京オリンピックの陸上競技の日程について」
「東京オリンピックの陸上競技の種目について」

以上の2つが理解できます。
それでは早速、みていきましょう。

【東京オリンピック】マラソン競技の日程はどんな種目があるの?

 東京オリンピック競技大会では、33競技の開催が予定されています。競技の日程は7月31日から8月9日までで、新国立競技場などを会場に実施されます。この新国立競技場は、東京オリンピックのために、2020年の完成を目指して建設が続けられています。

東京オリンピックの花形!陸上競技の日程と種目は?

 東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場では、開会式・閉会式のほか、夏季オリンピックの中でも花形競技である陸上競技が開催されます。陸上競技は東京オリンピック競技大会の全日程を通じて行われる予定となっていて、トラック・フィールド・混成の全種目が新国立競技場で実施されます。

 陸上競技の「トラック」は、競技場内1周400メートルの走路を使って実施される競技で、100m、200m、400m、800m、1500m、3000m、5000m、10000m、110mハードル(男子)、100mハードル(女子)、400mハードル、3000mSC、4x100mリレー、4x400mリレー(男女混合含む)などの種目からあります。
 2020年の東京オリンピック競技大会の全ての日程で楽しむことができますが、短距離は北中米が他を圧倒していますし 中・長距離はアフリカ出身選手がせめぎ合っています。トラックで日本がメダルを期待できるとしたらリレーでしょう。日本は前回のリオデジャネイロ大会の男子4×100mリレーで銀メダルを獲得していますから、男子4×100mリレーは開催日程にはとくに注意したい種目です。
 次に「フィールド」は、競技場のトラックの内側や外側で行われる競技のことで、走高跳、走幅跳、三段跳、棒高跳といった「跳躍」と砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投といった「投てき」の2つがあります。過去は跳躍が強かった日本ですが、第二次世界大戦後からのオリンピックから日本の跳躍のメダル数はゼロ。投てきも、ハンマー投げの室伏広治さんが2004年のアテネ大会で金メダル、2012年のロンドン大会で銅メダルを獲得していますが、それ以降のメダルの獲得はありません。

 「混成」は男子が100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m、110mハードル、円盤投、棒高跳、やり投、1,500mという10種競技を、女子が100mハードル、走高跳、砲丸投、200m、走幅跳、やり投、800mという2種競技を2日の日程で行うという競技。日本は、10種競技の日本記録保持者である右代啓祐さんや、その右代さんを2017年の世界陸上選手権代表選考会で破った中村明彦さんらが出場。
 7種競技では、日本選手権を2015年から3連覇中のヘンプヒル恵さんなどが出場します。日本がメダルを期待できるとしたら、やはり「ロード」でしょう。ロードは競技場ではなく一般道路で実施される競技で、種目はマラソンと20km競歩、50km競歩(男子のみ)

 2020年の東京オリンピック競技大会では、8月2日(日)7:00~10:30の日程で女子マラソンが、8月9日(日)7:00~10:00 の日程で男子マラソンが実施されます。競技の日程は、7月31日(金)7:00~9:00から50km競歩が、8月7日(金)7:00~9:30から20km競歩の女子が、8月8日(土)6:00~10:30から20km競歩の男子が実施されます。男子マラソンは、ここ最近のオリンピックでは目立った活躍はありませんが、女子マラソンは、2000年のシドニー大会で高橋尚子さんが、2004年のアテネ大会で野口みずきさんが金メダルを獲得しています。さらに、競歩では、2016年のリオデジャネイロ大会の男子50kmで、荒井広宙さんが銅メダルを獲得しています。ロードは開催日程だけでなく、開始時間もしっかりしていますから、観戦・応援がしやすいでしょうね。

まとめ

 陸上競技はオリンピックでも花形の種目です。なんだか日本の活躍に期待してしまいますね。関連する競技で、マラソンに関する記事も興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒ 【東京オリンピック】マラソン競技の日程はいつ?走るコースも紹介

  最後に、東京オリンピックで野球競技を観たいけど、「そんな時間がない!!」という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 東京オリンピックを観戦するなら<U-NEXT>