【悲報】東京オリンピックで休日の日程が変更になることが決定

【悲報】東京オリンピックで休日の日程が変更になることが決定

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

「東京オリンピックで休日が変更になるって聞いたけど実際どうなの?」
「東京オリンピックの休日の日程がどんな風に変わるの?」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「【悲報】東京オリンピックで休日の日程が変更になることが決定」を読めば、

「東京オリンピックで変更された休日の日程について」
「東京オリンピックで休日が変更されたことで受ける国民の影響」

以上の2つが理解できます。
それでは早速、みていきましょう。

【悲報】東京オリンピックで休日の日程が変更になることが決定

 東京オリンピックは2020年7月24日の開会式から8月9日の閉会式までの日程で開催されます。この東京オリンピックの開会式前後に4連休の休みが 閉会式前後に3連休の休みがあります。

東京オリンピックの影響で休日の日程はどうなったの?

 本来、7月・8月に大型連休はないのですが、この4連休と3連休は2020年限定の東京オリンピック連休と言っていい休日です。2020年にいつもより休日が増えるというワケではなく、2020年に限り、毎年7月第3月曜日の「海の日」が開会式前日の7月23日に移動されます。また、8月11日の「山の日」が閉会式翌日の8月10日に移されました。海の日は同じ7月の休日ですし、山の日も同じ8月の休日ですから、日程がかわってもそれほどおかしくはありません。
 しかし、おかしいのは開会式当日の7月24日に休日の日程が移される「体育の日」です。体育の日といえば10月第3月曜日の休日です。オリンピックのためとはいえ、10月の休日を7月に移していいのでしょうか?。「海の日」、「山の日」、「体育の日」を移動させて東京オリンピックに合わせることを盛り込んだ改正東京五輪・パラリンピック特別措置法が、すでに参院本会議で与野党の賛成多数で可決、成立しています。

東京オリンピックで休日が変更となったことで国民が受ける影響とは?

 東京オリンピックの日程合わせて、3つの休日が移動させられてしまうことについて、ネットでも話題になっています。子どもが夏休みの時期の思わぬ連休に、連休を利用して旅行に行くなどの肯定意見もありますが、全体的な傾向としては、否定意見が多いようです。とくに、東京オリンピックとまったく関係ない地方からは、「首都圏だけやれば十分なことを、なぜ全国でやるのか」といった不満の声がたくさんあがっています。
 また、東京オリンピック前後に休日の日程を移動するのに、観光客の増加などによる首都圏の交通混雑を緩和するため、祝日化で通勤・通学や経済活動を抑えるの狙いがあることから、「東京以外の地域は街が混み合うかどうかは関係ない。」、「偉い人は東京中心でしか物事を考えていない」といった内容の反論の声も多くあがっています。
 さらに体育の日が7月に移動したことで、本来10月にあった休日がなくなってしまいまうため、「秋の連休がなくなり、学校に行く日が増える」という嘆きや、各地の宿泊施設が休日が減ることへの影響を懸念していますし、例年休日に合わせて実施していたイベントの開催について検討を余儀なくされるケースが出る可能性もあります。そうした、休日を東京オリンピックの日程に合わせて移動したことによる影響はまったく考えていないのか、東京五輪 組織委員会の森喜朗会長などは「国民生活にとって喜ばしいことだ」と発言。この発言に対しても「偉い人は東京中心でしか物事を考えていない」などの怒りの声があがっています。

休日の「体育の日」が「スポーツの日」に名称が変更!?

 専門家の中には、「その施策で、混雑が緩和できるのか激しく疑問だ」と効果のほどを疑問視する声もありますし、開会式や閉会式の前後は多数の海外要人が訪日・離日することもあり、渋滞で要人の警備に支障が出るのを避ける狙いがあるなんて意見もあるようです。休日が移動するのは2020年だけで、2021年はもとの日程に戻るようですが、「体育の日」は2020年から「スポーツの日」に名称が変わるそうです。元々体育の日は、前回の東京オリンピック競技大会の開催を祝してつくられた休日だそうです。

まとめ

 2020年の東京オリンピック競技大会を記念して、新たにスポーツの日がつくられるならわかりますが、体育の日がスポーツの日にかえられるにも意見の意見が多数出るでしょうね。東京オリンピックの日程やチケット、競技種目などこれを見ればすべてが分かります。合わせてご覧ください。
⇒ 【総合まとめ】東京オリンピック2020のすべて

 最後に、東京オリンピックで野球競技を観たいけど、「そんな時間がない!!」という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 東京オリンピックを観戦するなら<U-NEXT>