【どこよりも分かる】東京オリンピックのバスケの日程!!

【どこよりも分かる】 東京オリンピックのバスケの日程!! 試合時間やチケット情報についても解説

こんにちは!
東京オリンピックを全力で応援している『愛Tソリューション』です。

今回は、東京オリンピックのバスケの試合日程や競技会場について解説していきます。
それでは早速、ご覧ください。

東京オリンピックのバスケの試合日程や競技会場について紹介

2020年の東京オリンピックで行われる競技の中にバスケがあります。そのバスケの試合の日程や、どこの会場でバスケの試合が行われるか、バスケの観戦チケットの価格はいくらぐらいかなどを紹介してみたいと思います。

東京オリンピックのバスケ競技の日程や試合時間はいつ?

東京オリンピックでのバスケの試合日程は、予選リーグが7月26日(日)からスタート。試合時間は

  • 第1試合が午前10時から12時
  • 第2試合が午後1時40分から3時40分、第3試合が午後5時20分から7時20分
  • 第4試合が午後9時から11時

となっています。予選リーグは7月26日、27日、28日、29日、30日、8月1日、8月2日、8月3日の日程で行われ、試合時間は初日と同じです。

そして決勝トーナメントが8月4日(火)からスタート

  • 8月4日と5日が準々決勝
  • 8月6日と7日が準決勝
  • 8月8日と9日に決勝と3位決定戦

という日程となっています。

東京オリンピックのバスケ競技の日程や試合時間は男女一緒?

試合時間は男女バスケ共通で、決勝のある日の試合時間は

  • 第1試合が午前11時30分から午後1時30分
  • 第2試合が午後4時から6時
  • 第3試合が午後8時から10時20分

となっているので、決勝戦が行われるのは午後8時からになるでしょう。こうした日程で開催される、東京オリンピックでのバスケの競技会場となっているのが「さいたまスーパーアリーナ」。バスケの競技会場は男子バスケも女子バスケも同じで、男子バスケと女子バスケの試合は、毎日交代で予選リーグから決勝までが行われます。

これまでのオリンピックでは、男子バスケの決勝が最終日に実施されることが慣例となっていましたが、東京オリンピックでは男子バスケの試合の翌日に、女子バスケの試合を行うという日程となっているため、女子バスケの決勝が最終日の8月9日に実施されるそうです。

東京オリンピックのバスケ競技にはどんなチームが参加するの?

バスケの競技日程や会場は決まっていますが、東京オリンピックに男女各12チームが出場すること以外の、どの国が出場するかは、まだ決まっていません

東京オリンピックでのバスケの試合は、国際バスケットボール連盟(FIBA)が管轄の下で実施されます。FIBAによると東京オリンピックに出場できるのは、2019年に中国で開催されるFIBAバスケットボールW杯(ワールドカップ)2019」でベスト16以上のチームとなっている必要があります。その内訳は

  • アフリカ地区の最上位チーム
  • アメリカ地区の上位2チーム
  • アジア地区の最上位チーム
  • オセアニア地区の最上位チーム
  • ヨーロッパの上位2チームの7か国と、FIBAオリンピック世界最終予選での上位5か国

だそうです。通常、オリンピックの開催国には、無条件でオリンピックへの出場枠(開催国枠)が与えられるのですが、FIBAは2012開催のロンドン大会から、開催国枠を自動的に与えなくなりました。

そのため日本チームが、東京オリンピックのバスケに出場するには、2019年8月31日から9月15日の日程で中国で開催されるW杯で最低でもベスト16以上に入る必要があります。そのためには、まずW杯に出場する必要がありますが、日本男子チームは日本開催であった2006年以来となる13年ぶりにW杯への出場を決め、東京オリンピックに出場するための第1関門をクリアしています。

東京オリンピックのバスケ競技のチケット価格はいくら?

東京オリンピックで日本チームの応援ができるかもしれない、バスケの観戦チケットの価格は、公式サイトによると3,000円~108,000円の範囲だそうです。抽選への応募開始は2019年春ごろを予定しており、販売サイトは公式チケット販売サイト。2020年からは、コンビニなどのチケット販売所での購入も可能になる予定ですから、東京オリンピックで日本のバスケチームを応援したいのであれば、公式サイトはこまめにチェックしておきましょう。

まとめ

東京オリンピックで活躍が期待されるバスケット競技のなかでも注目選手は八村塁選手!2020年の東京オリンピック開催に向けて順調に白星を重ねており好調な滑り出しです。最後に、東京オリンピックの日程やチケット、競技種目などこれを見ればすべてが分かります。合わせてご覧ください。
⇒ 【総合まとめ】東京オリンピック2020のすべて