【注目】ブルーオーシャン戦略とは?取り入れた企業が収益増!?

2019年3月6日

【注目】ブルーオーシャン戦略とは?取り入れた企業が収益増!?

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

ブルーオーシャン戦略って何?」
「ブルーオーシャン戦略を取り入れた企業はどうなるの?」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「【注目】ブルーオーシャン戦略とは?取り入れた企業が収益増!?」を読めば、

「ブルーオーシャン戦略とは?」
「ブルーオーシャンを取り入れた企業のメリット」

以上の2つが理解できます。
それでは早速、みていきましょう。

【注目】ブルーオーシャン戦略とは?取り入れた企業が収益増!?

 ブルーオーシャン戦略をひと言で表現するなら、「新たな革新的価値の創造」といえます。価格競争に辟易し、新たな市場の創造を独自で行うことが難しくなっていることもあり、今後の経営戦略の鍵として世界的ムーブメントを巻き起こしています。「ブルーオーシャン戦略」という言葉は世界中で広く知られるようになりましたが、きちんと理解しないまま使う、あるいは反論を唱える人も多いように思われます。よくある誤用や誤解を踏まえ、改めて本来の意味を理解していきましょう。

経営戦略の新しい考え方!ブルーオーシャン戦略とは?

 ブルーオーシャン戦略とは、つまりニッチ戦略のことか、それとも既存市場を破壊することか、といった誤解が未だにつきまとっています。また、かつての欧米には「市場でポジションを得るためには、差別化か低コスト化のいずれかしかない」との思い込みもありました。その上、この二つは両立できないと考えられていたのです。
 しかしこれらは、すべて既存の市場を基盤とした考え方によるものです。ここが重要なのですが、ブルーオーシャン戦略は既存の市場でポジションを築くものではありません。既存市場の境界線から抜け出し、新たな市場を見つけ出すものです。競う相手がいないのですから、差別化と低コスト化の両立も可能です。ブルーオーシャン戦略とはつまり、ニッチ化・差別化・低コスト化といった従来のトレードオフ(相反)の関係を破壊し、新たなバリューイノベーション(革新的な価値)を切り拓くことに他なりません。
 また、ブルーオーシャンを見つけるのに、新しいテクノロジーが必要でしょうか?との声も多く耳にします。もちろん、答えはノーです。たとえば、1990年代に米モトローラが考案した衛星携帯電話端末(イリジウム)は、新技術を駆使していたものの、新たなバリュー(価値)を作り出すことができず商業的な成功には至りませんでした。
 代表的な好例は、任天堂が発売した家庭用ゲーム機のWiiやニンテンドースイッチです。これらは、既存技術を中心に使いながら低コストで大きなバリューを生み出しました。まさに、ブルーオーシャンを切り拓いたわけです。

ブルーオーシャンの影に潜むレッドオーシャン

 ブルーオーシャンの市場を見つけることができれば、格段の優位性を築くことができるのは確かです。とはいえ、その影からは常にレッドオーシャンが顔をのぞかせていることも忘れてはいけません。
 特にゲームのようなハイテク産業では、すぐに似たような製品が出てきて競争が激化します。任天堂もWiiでかなりの売上げとシェアを確保しましたが、その後のWii Uでは失敗に終わりました。自らレッドオーシャンの罠にはまってしまったのです。ただ幸いにも、任天堂は自らの罠に気付いて新たなブルーオーシャンの開拓に尽力しました。その結果がニンテンドースイッチによる成功です。一旦ブルーオーシャンを築いたからといって、それが魔法のように永続する保証はどこにもありません。絶え間ない戦略の見直しは、常に必要なのです。

日本企業の突破口はどこにある?

 ブルーオーシャン戦略の視点で捉えたとき、日本企業が世界で再び存在感を示すためには何が必要なのでしょうか。日本がかつての自信を取り戻し、世界で指導力を発揮するには、イノベーションやクリエーションの開拓が必要です。しかしこれまでのように欧米のコピー戦略では、ブルーオーシャンを切り拓くことはできません。
 欧米流を否定するわけではありませんが、それでは競合ありきの発想から抜け出すことはできません。加えて日本には日本のやり方、最も得意とする戦略があります。それは、ヒューマンファクター(人的な要素)に目を向けることです。たとえば、日本企業の長所であったトータルクオリティマネジメント(TQM:総合品質管理)は、もともとは欧米で生まれた理論です。しかし実践の場でうまく運用できたのは、欧米でなく日本でした。
 欧米は個人主義や成果主義という考え方が主流であり、機会や効率ばかりに気を取られて人間的な要素、人間的な貢献に目を向けるという発想がありませんでした。プライベート面で大事にしている「個人の尊厳」をビジネスに活かすことができなかったのです。一方で日本は、生活における「助け合いの精神」をそのままビジネスへ持ち込むことができました。これは戦略というよりは気質の問題です。結果として、製品の品質面においても人間の貢献を重視することができ、それが成功に繋がったのだと言えます。

まとめ

 最後に、ここではブルーオーシャン戦略においてヒューマンファクターという言葉に重きを置いていますが、それこそが日本の強みを活かせるところだからです。AI技術の発展に「多くの仕事が奪われる」と悲観的になる人もいますが、そもそもは機械やロボット、それらを制御するシステムも人間が造ったものです。デジタルの世界においても、日本がヒューマンファクターを軸に戦えば成功できる可能性は充分にあるのです。