【厳選】カーシェアリングのメリット20選!上手な選び方とは?

2019年4月25日

【厳選】カーシェアリングのメリット20選!上手な選び方とは?

こんにちは!愛Tソリューションです。

早速ですが、カーシェアリングという言葉をご存知でしょうか?耳にしたことがあるという方も多いでしょう。しかし、具体的にカーシェアリングとは何なのか説明できる方は少ないのではないでしょうか。カーシェアリングと類似したサービスでレンタカーという仕組みが存在します。このカーシェアリングとレンタカーは、ともに利用料金を支払って「必要な時に自動車を自由に使うことができる」サービスです。しかし、その違いについて理解している方も少ないでしょう。そもそも、カーシェアリングにメリットなんてあるの?と疑問に思う方もいると思います。この記事は、

「カーシェアリングとは何?」
「カーシェアリングとレンタカーの違いについて知りたい」
「カーシェアリングにはどんなメリット、デメリットがあるの?」
「カーシェアリングして運転中に事故を起こしたらどうなるの?」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「【厳選】カーシェアリングのメリット20選!上手な選び方とは?」を読めば、

「カーシェアリングとは何か」
「カーシェアリングとレンタカーとの徹底的な違いについて」
「カーシェアリングのメリットとデメリット、事故を起こしたときの対応」

以上の3つが理解できます。ちなみに、この記事は過去記事

⇒ 【最適】維持費をかけずに車を使うならカーシェアリング!

を参考にしています。上記の記事には、カーシェアリングとは?という疑問を中心に解説しています。合わせてご覧いただければ幸いです。さらに、本記事は2019年4月24日に、本記事の最下部に紹介している文献および情報サイトを参考にカーシェアリングとレンタカーの違いやカーシェアリングのデメリットについての情報を追記しています。それでは早速、みていきましょう。

【まとめ】カーシェアリングのメリット20選

 令和時代を迎えてもなお、徐々に世間に浸透しつつあるカーシェアリング。メリット満載で利用者が増加傾向にあるサービスなので、実際に使用したことがある方もいることでしょう。一方で、耳にしたことはあるけどよく分からない、興味はあるけど使用する機会がないという方も多いのではないでしょうか。カーシェアリングというサービスを始めて開始した企業が、駐車場ビジネスを中心に展開している「パーク24」です。近年、増加しているマイカーを持たない方々に向けた逆転の発想でした。

目次

令和時代も便利に活用!カーシェリングとは?

 カーシェアリングとは、あらかじめ登録している会員が自動車を必要だと感じた時に、手軽に誰でも借りることができるサービスです。また、会員同士で自動車(カー)を共有(シェアリング)することで、マイカーよりも格安で、かつ柔軟に利用できることで扱いやすいと評判も高く、20代から60代まで幅広く人気のあるサービスです。まだまだ需要は高く、駐車場の一角に自社の車を置いて貸し出すという手軽さと扱いやすさからカーシェアリングのメリットが注目され、瞬く間に全国に広がっています。

カーシェアリングとレンタカーの違いとは?

 レンタカーと同じような意味で取られることの多いカーシェアリングですが、そのシステムは大きく異なります。カーシェアリングは、あらかじめ登録している会員同士が特定の自動車を共同で使用することで、それぞれの会員が使用したいときに手軽に利用できる仕組みのことです。一方、レンタカーは、自動車を有料で貸し出すサービス、若しくは貸し出された自動車のことです。サービスという概念でいえば、カーシェアリングは自動車を共有して無駄なく必要な時に利用することを主な目的としますが、レンタカーは個人的に長時間利用したいときに自由に利用できることを主な目的としています。そのため、カーシェアリングは10分単位で利用できますが、レンタカーは最低6時間以上から利用することができます。このように、カーシェアリングとレンタカーは、利用する目的やサービスそのものが異なりますので、用途に応じて上手に選ぶためにはよく理解しておく必要があります。

カーシェアリングとレンタカーの違いを企業別に比較

 それでは、実際にサービスを提供している企業を例に、カーシェアリングとレンタカーではどのような違いがあるのかをみていきましょう。ここでは、タイムズカープラス、オリックスカーシェア、カレコカーシェアリングクラブ、ニッポンレンタカーの4社を例に比較しながらご紹介していきます。また、今回は、土曜日に日産ノート(5人乗り)を利用する場合に、タイムズカープラスの「ベーシックプラン」、カレコカーシェアの「ベーシックプラン」、日本レンタカーの「一般料金」、タイムズカーレンタルの「一般料金」を想定しています。

提供しているサービス カーシェアリング カーシェアリング レンタカー レンタカー
企業名 タイムズカープラス カレコ・カーシェアリングクラブ ニッポンレンタカー タイムズカーレンタル
企業ロゴ タイムズカープラス カレコ・カーシェアリングクラブ ニッポンレンタカー タイムズカーレンタル
月会費 1,030円 980円 無料 無料
最小利用時間と料金 206円/15分 130円/10分 なし なし
6時間利用した場合 4,020円 3,800円 9,288円 9,072円
12時間利用した場合 6,690円 6,300円 10,368円 11,016円
24時間利用した場合 8,230円 7,800円 12,528円 12,960円

カーシェアリングのメリットとは?こんな意外な利用方法もあったの!?

 カーシェアリングのメリットは簡単に説明すると、利便性の高さとレンタカーなどの類似のサービスと比較しても利用料金が安いということです。ちなみに、カーシェアリングでは、月額利用料が発生します。レンタカーのように借りるたびに支払いが完結するわけではないため、違和感を持つ方も多いでしょう。「使わない月にも払うの!」と思った方、少し待ってください。月に1回以上カーシェアリングを利用すると、同じ額が毎回の利用料金から割り引かれるというメリットがあるのです。つまり、月1回の利用でも基本的にはお徳といえます。なかには、「えっ!?」と驚くようなカーシェアリングの意外な活用方法もあります。ここでは、カーシェアリングのメリットについて20個をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

メリットその1)24時間365日、利用可能!

 カーシェアリングのメリットは「いつでも車を借りられる」ということです。それならレンタカーも同じじゃないの?と思う方もいることでしょう。しかし、カーシェアリングのメリットは”いつでも”がポイントです。レンタカーではステーションの営業時間外は借りることができません。カーシェアリングには、正真正銘、貸出・返却で時間を拘束されないところにメリットがあるのです。「子供が急に熱を出した」、「チラシを見てちょっとだけ遠いお店に行きたい」、「恋人と夜景を見にドライブをしたくなった…」など、様々なシチュエーションで”自動車”が必要になる場面は少なくありません。レンタカーならば、事前に予約をしておいて営業時間内にステーションで車を借りておかなければなりません。しかし、カーシェアリングならば、早朝でも深夜でもいつでもOKです。

メリットその2)予約しやすい

 予約のしやすさをカーシェアリングとレンタカーで比較してみましょう。カーシェアリングは、スマートフォンのアプリで簡単に予約することができます。また、カーシェアリングの需要は年々増加傾向にあり、レンタカーのステーションのように遠くまで行く必要がないこともメリットとして挙げられます。ちなみに、カーシェアリングには喫煙できる車がないなどレンタカーが勝る点もありますが、車が必要なときにメリットが多いといえます。

メリットその3)すぐに乗れる

 カーシェアリングならば、駐車場についた途端すぐに乗ることができます。カーシェアリングならば、サービスによっては1分前に予約することも可能です。レンタカーだと数日前には手配しなければいけません。さらに、目的の駐車場でカーシェアリングする車がいっぱいだと、近くの空いている車をアプリで教えてくれるメリットもあります。レンタカーのように免許証を見せるなどの手続きをする必要はありません。入会したら送られてくるカードを車の所定の場所にかざすだけでドアを解錠できます。あとは目的地に向かうだけ。お手軽で簡単です。

メリットその4)格安料金で利用できる

 カーシェアリングの料金の安さも見逃せません。カーシェアリングなら支払いは利用した分だけというメリットがあります。レンタカーで標準的な6時間、30kmで比較してみます。トヨタレンタカーなら8,400円(3,000円のガソリン代含む)、タイムズカープラスなら4,020円。レンタカーはカーシェアリングの2倍!もちろん、条件によってカーシェアリングとレンタカーの料金は変わってくるので注意は必要です。それでも、2倍以上の差には驚きです。さらに、カーシェアリングには、ナイトパックを用意しているところもあります。タイムズカープラスなら通常の60%の料金で利用できるので、レンタカーを利用できない時間でもオトク感満点のメリットがあります。

ナイトパックの利用料金を大手3社で徹底比較

カーシェアリング企業名 タイムズカープラス オリックスカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ
企業ロゴ タイムズカープラス オリックスカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ
ナイトパック 2,060円 2,500円 2,500円

メリットその5)維持費の必要なし

 カーシェアリングなら自動車重量税などの税金を課されることはありません。会員であれば、いつでもどこでも予約するだけで車を借りられることがカーシェアリングのメリットです。もちろん、原則2年に1度ある車検も不要です。また、カーシェアリングは一般的に駐車場にあるので、当然ながら駐車代がいらないこともメリットです。さらに、車を保有すれば、いつかは買い替える必要があります。新車の場合、すべての費用を含めると大体200万円はかかってくるので、休日など月に数回しか乗らない場合は割に合わないといえるでしょう。カーシェアリングなら、その時のシチュエーションに合わせて車を選びながら乗る楽しみを味わえるメリットもあります。

メリットその6)保険料の不安なし

 カーシェアリングなら保険料は基本料金の中に含まれているので、別に払う必要がないのもメリットのひとつ。安心して乗ることができます。レンタカーの場合は、乗る前に説明を受けたうえで大体1,000円前後の保険料が別にかかることを考えると料金的にも時間的にもお徳です。

メリットその7)短時間から利用できる

 カーシェアリングは短時間から利用できることもメリットです。レンタカーなら、基本的に6時間からなのに対して、カーシェアリングには短時間サービスが揃っていて、たとえば、タイムズカープラスはガソリン代が「込み」で、15分206円~。ワンコイン利用も十分に可能な価格体系です。日常的な利用であれば、カーシェアリングの方がレンタカーよりメリットが多いといえます。

メリットその8)料金体系に柔軟性がある

 カーシェアリングは料金体系に柔軟性があることもメリットです。6時間枠を予約していても、6時間まで使わずに返却したら、実際に使った分しか払う料金を必要はありません。レンタカーならたとえ6時間まで使っていなくても6時間分キッチリ支払わなければいけないので、カーシェアリングとレンタカーは大きく違うといえます。

メリットその9)キャンセルも直前までOK

 カーシェアリングなら予約の直前でもキャンセルがOKというメリットもあります。タイムズカープラスなどは1分前までキャンセルが無料なので、使いそうならば仮押さえをしておいて、必要がなくなればキャンセルするという気軽さがあります。レンタカーではできないことです。

大手3社のキャンセル料と予約期間を比較

カーシェアリング企業名 タイムズカープラス オリックスカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ
企業ロゴ タイムズカープラス オリックスカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ
予約可能期間 2週間前から予約可能 2週間前から予約可能 2ヶ月前から予約可能
キャンセル料 1分前まで無料 1時間前まで無料 開始時間直前まで無料

メリットその10)ステーションが豊富

 10,800対1,200。これは、業界最大手のタイムズカープラスとトヨタレンタカーのステーション数を比べたものです(2019年1月時点)。圧倒的に、カーシェアリングできるタイムズカープラスの方が上回っています。利便性の観点から、借りられる立地も大きく影響します。このように、2019年1月時点でカーシェアリングのサービスを提供しているステーションは豊富に揃っています。レンタカーの多くは駅前などの商業地にあります。一方で、駐車場は住宅地にもあるので気軽に買い物などに使える点もメリットでしょう。ふだんの買い物は自転車で済ますけれど、大量に買うときは車で!というときなどに便利です。実際に住宅地の駐車場では、2台ほどシートをかぶった車が見受けられます。都心になると数台並んでいるところも少なくありません。都心の企業でも営業車を持たないで、荷物が多いときだけカーシェアリングを利用するという法人利用も進んでいます。

メリットその11)まるで車庫のような感覚で利用できる

 手続いらずの貸出・返却で簡単なことが、カーシェアリングのメリットです。乗ってきた車を元に戻すという単純な仕組みで無人で、スピーディーに借りられます。自家用車でも、自分の家に車庫があるとは限りません。まさに、自分の車を近くの駐車場に停めている感覚、それがカーシェアリングです。

メリットその12)メンテナンスの必要なし

 カーシェアリングなら、車のメンテナンスをする必要がありません。マイカーのように使っていても、車検やクリーニングは、すべて、駐車場を経営する会社がしてくれます。月に1回以上、買い物などで利用する場合、慣れている同じ車がいいという方に、おすすめのメリットです。

メリットその13)ガソリンを満タンにして返す必要なし

 カーシェアリングでは、給油をしておくと割引になるサービスを展開しています。タイムズカープラスなどは、容量の半分を切っていなければ、そのまま返して構わないばかりか、満タン返しをすれば、15分の無料特典が付いてくるメリットがあります。レンタカーでは、指定のガソリンスタンドで満タンにして返す必要があり、利用料金とは別にガソリン代がかかります。

メリットその14)地球にやさしいエコライフ

カーシェアリングすることによって全体的な車の台数を減らすことができます。使用する資源も当然のことながら減らすことができるので、自然とエコライフを実践していることになります。何より、自分の気持ちがやさしくなりませんか?ちなみに、おすすめのカーシェアリングだけでなく、レンタカーのこんな使い方もアリです!!こちらも合わせてご覧ください。

メリットその15)憧れの車両にチョイ乗り

 カーシェアリングに揃っている車は、一般的な車だけではありません。すべての駐車場にあるわけではないものの、エコカー、コンパクトカーはもちろん、ベンツなどに乗ることができるサービスもあります。たまには、高級車に乗ってみたい、という願望もカーシェアリングなら叶えてくれます。もちろん、レンタカーにも高級車は用意されていますが、利用時間が6時間からのところが多いので、ちょっと乗ってみたいというだけなら、カーシェアリングを活用する方が金額的にもメリットが大きいです。

カーシェアリングサービスを提供する大手3社の取扱い車種の比較一覧

カーシェアリング企業名 カレコ・カーシェアリングクラブ タイムズカープラス オリックスカーシェア
企業ロゴ カレコ・カーシェアリングクラブ タイムズカープラス オリックスカーシェア
取扱い車種の数 50種類 31種類 23種類
取扱い車種一覧

スイフト

タンク

ノート

フィット

スマートフォーフォープライム

iMIEV

ハリアー

C-HR

ジュークパーソナライゼーション

XVHYBRID

エクストレイル

新型CX-5

ヴィゼル

エスクァイアアルパイン仕様

ヴォクシーアルパイン仕様

ヴォクシー

シエンタ

フリード

新型フリード

ハチロク

レヴォーグ

新型プリウス

プリウス

プリウスPHV

リーフ

A180

A180 Sports

B180

B180Sports

CLA180 Coupe

CLA180 Shooting

CLA180 Coupe Sports

GLA180

GLA180 Sports

A3Sportsback

AMG A45

ロードスター

レクサス CT

レクサス NX

レクサス IS

ジューク NISMO

デリカD:5アルパイン仕様

アルファード

アルファードアルパイン仕様

ヴェルファイアアルパイン仕様

キャンピングカー

プリウス

プレマシー

デミオ

フィット

アクア

ノート

ヴィッツ

カローラフィールダー

スイフト

ソリオ

i-MiEV

AD

NV200バネット

ハスラー

パッソ

フリード

N-BOX

インプレッサ

ウェイク

シエンタ

NV350キャラバン

MINI One

MINI One CR OSSOVER

LEAF

Audi A1

プリウスα

セレナ

CX-5

ノア

スバルXV

VOXY

アクア

ノート

フィット

フィット HYBRID

フィット3

フィット3HYBRID

デミオ

ヴィッツ

マーチ

スプラッシュ

スイフト

プリウス 20

プリウス 30

インサイト

カローラ アクシオ

ティーダラティオ

フィット シャトル HYBRID

フリード

フリー HYBRID

ステップワゴン

ステップワゴン5

セレナ ハイブリッド

リーフ

メリットその16)カラオケでストレス発散

 仕事で外回りをしているときや、隣近所に気を遣って大きな声などにも利用できます。カラオケボックスは市街地にしかありませんが、カーシェアリングの車は住宅地にもあります。しかも、15分から借りられるので、ちょっとだけ歌って発散したいときにカーシェアリングを活用している人たちもいます。しかも、歌いたくなったら、すぐ予約できる点もメリットです。

メリットその17)仮眠もできる

 同じように仕事で外回りをしていて、少しの間だけ寝たいというときにもカーシェアリングを活用できます。前日の仕事が遅くまでかかったときや飲み会だったとき、外回りをしていて、ふと目に入った駐車場にカーシェアリングの車があったら、さっとスマホで予約。あとは、時間が許す限り、リラックスできることもカーシェアリングのメリットです。

メリットその18)着替えが必要なときに利用する

 ハロウィンの仮装とはいかなくても、コスプレなど自宅からは着ていけないような服装を見に着けたいときも、カーシェアリングの出番です。現場に到着する、ほんの手前でカーシェアリングの車を利用すれば、はばかれることなく、思う存分に楽しむことができます。

メリットその19)周囲を気にする電話をするために利用する

 カーシェアリングの車なら、誰に遠慮することなく、電話をすることができます。周囲に聞かれてはまずいような話を急にしなければいけなくなったときに、電話ボックス代わりに活用することができるメリットを知っていると便利ですね。

メリットその20)雨宿りに暑さ、寒さ対策で有効利用

 急に雨が降ってきたときの雨宿りにもカーシェアリングの車を活用することができます。通り雨を少しの間、やり過ごすにはもってこいのメリットです。また、暑くて汗がひどいとき、少し休憩できることもカーシェアリングのメリットです。女性なら、化粧直しをすることもできて、一石二鳥です。寒いときも同じように暖かくして、つかの間の休憩にカーシェアリンを活用することができます。

カーシェアリングのデメリットとは?

 一方、カーシェアリングのデメリットは、ほとんどの自動車が乗り捨てできない点です。そのため、使用後は必ず元のステーションへ返却しなければならなりません。さらに、使用する時間を決めたらそこからの延長ができないところもデメリットといえるでしょう。ステーションが近くにない方や急な交通渋滞に遭遇してしまった方にとっては不都合なルールといえます。また、カーシェアリングという概念から、自分の所有物ではなくみんなの共有物と勘違いしてしまう方も多く、自動車の扱いが雑になってしまう傾向もみられます。

カーシェアリングするときの保険について解説

 万が一、カーシェアリングで自動車を運転しているときに、事故を起こしてしまったらどうしよう!?と不安になる方も多いでしょう。しかし、そこは安心してください。カーシェアリングのサービスを提供している多くの会社では、利用料金に保険料が含まれています。そのため、カーシェアリングを利用している時間内は、対人補償や対物補償の保険に自動的に加入している状態です。事故は起こさない方がよいのはもちろんのことですが、万が一事故を起こしてしまった場合の対応についても確認しておいた方がよいでしょう。ただし、カーシェアリングしたにも関わらず、会員以外の方が運転していたり、その他、企業が促す注意事項を守らなかったりした場合は保険がきかないときもありますので注意が必要です。カーシェアリングで自動車を運転する場合は、きちんと保険の適用範囲を確認しておきましょう。

カーシェアリングの上手な選び方と使い方とは?

 カーシェアリングの上手な選び方は、利便性の高さと料金の安さで選びましょう!それに、上記で解説したメリットを考慮して便利に活用することをおすすめします。こちらに、おすすめのカーシェアリングのサービスを提供している企業をご紹介しておきます。

おすすめのカーシェアリングサービス提供企業一覧

カーシェアリング企業名 企業ロゴ おすすめ度
カレコ・カーシェアリングクラブ カレコ・カーシェアリングクラブ 星5 ★★★★★
タイムズカープラス タイムズカープラス 星4 ★★★★
オリックスカーシェア オリックスカーシェア 星4 ★★★★

カーシェアリングの使い方はとても簡単です。

  1. パソコンやスマートフォンから簡単に予約することができます。

【厳選】カーシェアリングのメリット20選!上手な選び方とは?

  1. 予約して会員登録したら会員カードが発行されます。その会員カードをクルマにかざすと自動車のドアを開けることができます。

【厳選】カーシェアリングのメリット20選!上手な選び方とは?

  1. 車内に自動車の鍵を常備していますので取り出してください。

【厳選】カーシェアリングのメリット20選!上手な選び方とは?

  1. そのまま鍵を差し込んでエンジンをスタートさせます。

【厳選】カーシェアリングのメリット20選!上手な選び方とは?

このように、カーシェアリングはまず初めに、運営管理している企業への会員登録をします。クレジットカードが必要な企業もありますので、しっかり確認しておいてください。ちなみに、企業によって会員登録の方法が様々ですが、無人入会機での登録や説明会に実際に足を運んでの登録、また、パソコンやスマホなどでインターネットからの登録、さらに、郵送での登録などの方法があります。こちらも、合わせて確認しておくとよいでしょう。
 会員登録がすべて完了すると、その時点でカーシェアリングのサービスを受けることができるようになります。そして、自分が自動車を使いたいタイミングでパソコンやスマホから予約を行います。
 そして、予約した時間になったら自動車が置いてあるステーションへ向かい、事前に発行してもらった会員カードやスマホなどを使って予約した自動車にかざしてロックを解錠します。次に、ダッシュボードなどの中に鍵が常備していますので、こちらを取り出してエンジンを始動させて出発します。
 自動車が使い終わったらカーシェアリングした元のステーションへ駐車して、入っていたダッシュボードなどの位置へ自動車の鍵を戻します。車を降りて、解錠した時と同様に会員カードやスマホをかざしてロックを施錠すれば利用は終了です。

まとめ

 カーシェアリングの魅力は、車を移動だけではなく様々な使い道があることを示してくれています。今後もますます活用されていくでしょう。実際にカーシェアリングのメリットを認識する人々が増えてきているのです。車を個室的空間としてとらえれば、まだまだ違ったカーシェアリングのメリットが出てくるかもしれません。
 しかし、借りたいと思ったときに借りられるカーシェアリングも、今はまだ黎明期。空きがないという場合や、前に借りていた人が渋滞に巻き込まれたり、事故を起こしたりという理由で、本来、自分が借りられるはずの時間に車がないということもありえます。それでも、車を販売する側のトヨタやレンタカーのニッポンレンタカーもカーシェアリング市場に参入してきました。
 車を利用する形態が変わり、カーシェアリングの需要がますます増えていくと見込まれる証でしょう。私たちも、各社のサービスを見比べて、カーシェアリングを使わない手はありません。

《更新履歴》

2019年4月23日:カーシェアリングのレンタカーとの違い、デメリットについて追記

《参考にした文献および情報サイト》

● カーシェアリングならタイムズカープラス
https://plus.timescar.jp/

● カーシェアならカレコ・カーシェアリングクラブ
https://www.careco.jp/

● フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』カーシェアリング 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

● 立命館大学院 先端総合学術研究科 カーシェアリングがもたらすもの
https://www.r-gscefs.jp/pdf/ce09/nk01.pdf