東京オリンピック、パラリンピックのマスコットのコンセプトは?

2019年3月5日

東京オリンピック、パラリンピックのマスコットのコンセプトは?

こんにちは!愛Tソリューションです。

この記事は、

「東京オリンピック、パラリンピックのマスコットって?」

「そもそも、マスコットってどんなコンセプトなの?」

と疑問を持った方におすすめです。

この記事「東京オリンピック、パラリンピックのマスコットのコンセプトは?」を読めば、

「東京オリンピック、パラリンピックのマスコットの名前の由来」

「マスコットのコンセプト」

この2つが理解できます。それでは早速、みていきましょう。

東京オリンピック、パラリンピックのマスコットのコンセプトは?

東京オリンピックとパラリンピックのマスコットが決定!コンセプトは?

 オリンピックでは、毎回、その大会の大会マスコットが存在します。2020東京オリンピックとパラリンピックの大会マスコットとなるのが「ミライトワ」「ソメイティ」というマスコットです。

 2020東京オリンピックの大会マスコットである「ミライトワ」「ソメイティ」をデザインしたのは、福岡市在住のイラストレーターの谷口亮さん。頭部と胴体部分に大会エンブレムと同じ藍色の市松模様をあしらっているのが特徴です。

デザインのコンセプトは、日本のことわざである「温故知新」。意味は「昔のことをよく学び、そこから新しい知識や道理を得ること」だそうです。

 2020東京オリンピック・パラリンピック大会の公式サイトには、「ミライトワ」「ソメイティ」の詳しいプロフィールも書かれており、ミライトワは正義感が強く運動神経もバツグンで、特技はどんな場所にも瞬間移動できること。ソメイティは、凛とした内面の強さと自然を愛する優しさをあわせ持っていて、顔の両サイドにある桜の触角でテレパシーが送受信できるとのことです。どちらのマスコットも、温故知新というコンセプト通り、伝統を重んじる古風な面と最先端の情報に精通する鋭い面をあわせ持っているそうです。

他に、どんなマスコットの候補があったの?

 2020東京オリンピック・パラリンピックの大会マスコットに選ばれた「ミライトワ」「ソメイティ」ですが、デザインが発表された当初はほかのデザイン候補も存在していました。2020東京オリンピック・パラリンピックの大会マスコットの候補となったのは、全国のプロアマが「オリンピックとパラリンピック、それぞれ1キャラずつでペア」というコンセプトで描いた2042の作品の中から、審査会が絞った3種類のデザイン。

 公式サイトで発表されたほかのデザインは、神社にあるキツネや招き猫、さらには狛犬をモチーフを可愛らしいアニメ風にしたものと、日本の昔話によく出てくる、キツネとタヌキがモチーフなどもありましたが、選ばれたのは桜など日本的をロボットのような姿に取り入れたものでした。

 最終候補の中から、このデザインを選んだのは、これからの未来を担う子供たちで、小学生のみ(全国の小学校約2万1200校や海外の日本人学校などのうち計1万6769校の20万5755クラス)を対象にした小学生投票によって選ばれました。また「ミライトワ」「ソメイティ」という名前は、投票に参加した小学生のアンケート7千件や、デザインした谷口さんへの聞き取りをもとに、長野冬季五輪のネーミングを手がけた業者が約30案を提示。

 その候補に英語、仏語など8言語で差別や中傷などの意味が含まれないかなどを確認した後、審査会が投票で決まったということで、東京都内で開いたお披露目イベントで、「ミライトワ」「ソメイティ」の等身大のマスコットが初登場し、組織委員である森喜朗会長や東京都の小池百合子知事によって名前が発表されました。

 「ミライトワ」という名前は、「未来」と「永遠(とわ)」という2つの言葉が由来に、「ソメイティ」は日本を象徴する花である桜の中でも代表的品種である「ソメイヨシノ」と、力強いという意味の「so mighty」という言葉が由来となっているそうです。「ミライトワ」「ソメイティ」の両マスコットは今後、2020東京オリンピック・パラリンピックの精神を伝え、選手や観客を歓迎するアンバサダーとして様々な活動に使われるそうで、すでに公式サイトでは、「ミライトワ」と「ソメイティ」が登場する動画が公開されています。

まとめ

 「ミライトワ」「ソメイティ」のぬいぐるみやTシャツといったグッズの販売も予定しているそうですから、2020東京オリンピック・パラリンピック大会の記念に買っておきたいですよね。

東京オリンピックに関するグッズを購入したいなら楽天で!!

⇒ 楽天

最後に、東京オリンピックでいろんな競技をみたいけど、

「そんな時間がない!!」

という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。

「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。

⇒ 日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!