当サイト「愛Tソリューション」ではダイエットや家庭教師、宝くじ、名言など総合ジャンルのおすすめ情報を取り扱っています。

BIGの当たらない仕組みとは!?当選しやすい買い方や不正についても解説!

おすすめの宝くじとは?絶対当たる攻略法や確率から予想するコツなどを紹介!

BIGの当たらない仕組みが知りたい方必見!当たらない仕組みはあるの?疑問に感じますよね。

そこで本記事では、BIGの当たらない仕組み・当選しやすい買い方や不正についても解説していきますので、初心者の方はもちろんBIGを購入しているけど当選した経験がない方も、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

BIGとは?

BIGとは、指定されたサッカー各試合90分間の試合結果に対し、コンピューターがランダムに選んだ予想結果の数字を購入する宝くじです。

自分で予想する必要がなく、サッカーに詳しくない人でも楽しめることができます。

1口300円で購入ができ、キャリーオーバー発生時の当選金額は最高6億円、キャリーオーバーがない場合の当選金額は最高3億円になります。

BIGは完全にコンピューターが数字を選ぶ仕組みとなっており、今まで当たらない仕組みが構築されている・不正があるのではないかと疑問の声が多数ありました。

しかし、実際にどのような仕組みで当選番号を選んでいるのか公表されていません。

過去に「疑似乱数発生法」と呼ばれるアルゴリズムに従って数字が選ばれているのではないかといわれていました。

これまで多数の当選者が出ている事実があるため、当たらない仕組みが構築されている可能性は低いと予想されます。

BIGは、これから開催されるサッカーの試合結果を予想するので、コンピューターが予想を当てることは難しいと考えられます。

上記のことをふまえると、BIGが当たらない理由としてコンピューターの仕組みではなく、他に何かあると予想できますね。

BIGの当選しやすい買い方

BIGの1等当選することは難しいと考えられますが、当たりやすくするための方法を2点下記にまとめました。

  • 購入するBIGの種類を変更する
  • 継続して購入する

それでは、詳しくみていきましょう。

購入するBIGの種類を変更する

BIGは全部で5種類あり、通常のBIGよりも1等の当選確率が高い宝くじもあります。

下記がBIG5種類です。

  • BIG
  • MAGABIG
  • 100円BIG
  • BIG1000
  • miniBIG

BIG5種類の当選確率を確認してみましょう。

BIGの当選確率の一覧です。

等級当選確率
1等約4,800,000分の1
2等約170,000分の1
3等約13,000分の1
4等約1,643分の1
5等約299分の1
6等約75分の1

上記を確認すると、2等の当選確率は約170,000分の1でBIG1000の1等の当選確率と大差がありません。

しかし当選確率はかわらないけれど、過去のデータによると当選金額に大差があることがわかりました。

当選金額に大差がある点は理解しておきたいポイントですね。

3等については、当選金額が5万円以下になりますが、毎回200口近い当選者が出ています。

3等の当選口数が多数いる点は、BIGの魅力を感じるのではないでしょうか。

MAGABIGの当選確率の一覧です。

等級当選確率
1等約16,770,000分の1
2等約460,000分の1
3等約28,000分の1
4等約2,824分の1
5等約418分の1
6等約87分の1

上記を確認すると、2等の当選確率約460,000分の1という数字はBIG1000やminiBIGの1等当選確率よりも低くなっています。

当選確率は低いですが、高額当選が回によっては1000万円を超えることもありました。

2等の当選者がほぼ毎回出ており、MAGABIGを購入する人は十分な期待が持てますね。

100円BIGの当選確率の一覧です。

等級当選確率
1等約4,800,000分の1
2等約170,000分の1
3等約13,000分の1
4等約1,643分の1
5等約299分の1
6等約75分の1

上記を確認すると、100円BIGとBIGの当選条件が同じため当選確率も同様になります。

100円BIG2等の当選金額は20万円前後になりますが、回によっては100万円を超えることがあります。

BIG2等の当選金額と比較すると、3分の1以上の数字となっており、1口の購入金額が低いわりに2等当選金額が高額という点は魅力的なポイントですね。

BIG1000の当選確率の一覧です。

等級当選確率
1等177,147分の1
2等約8,052分の1
3等約805分の1
4等約134万分の1

上記を確認すると、2等の当選確率は約8,052分の1となっており、当選金額は10万円前後となっています。

BIGやMAGABIGと比較すると当選金額は低くなり、当選確率は高くても魅力的に感じない人もいるかもしれませんね。

3等の当選確率は約805分の1となっており、当選金額は10,000円前後となります。

毎週10口購入した場合、1年半に一度は当選する期待が持てます。

miniBIGの当選確率の一覧です。

等級当選確率
1等19,683分の1
2等約1,094分の1
3等約137分の1

上記を確認すると、miniBIGは他のBIG宝くじより等級が3等までしかありません。

当選金額は2等は2万円前後、3等は5,000円前後となります。

3等の当選確率は約137分の1と当選しやすく、毎回30回購入している場合1ヶ月に一度は当選する期待が持てます。

定期的に宝くじを購入したい人は、購入金額の負担を減らすことができるのでよいのではないでしょうか。

継続して購入する

BIG以外の宝くじでも共通していえることが、継続して購入することです。

BIGも同様に高額当選を狙うにはもっとも有効な手段が長期間購入することになります。

1等の当選確率は約4,800,000分の1となりますが、購入する口数が増えれば当選確率は倍になりますね。

継続して購入すれば、当選確率は0ではないので高額当選の期待が持てるのではないでしょうか。

購入する金額ですが、必要以上の金額を購入することは避けるように注意しましょう。

毎回100口を100年間購入したとしても当選確率は1%程度にしかなりません。

生活費などに手をつけることは絶対に控えるようにして、無理のない範囲でBIG宝くじを楽しみましょう。

BIGの不正について解説!

BIGが当たらない1番の理由は当選確率の低さといわれています。

実は過去にBIG側も不正をしているのではないかと疑われていたことがあったそうです。

下記が実際に疑惑がでた際のツイートです。

「totoBIG第909回  写真左 5口買い  写真右 10口買い  1~5番までくじが完全一致」

この方は購入したBIGの10枚のうち5枚が同じ数字であることがわかり、ネット上で話題となりました。

最終的には販売元の楽天が公式声明をだす事態まで発展したそうです。

楽天側はシステムの不具合などではなく、同じ数字になることはあり得ると発言していますが、BIGに対する疑惑が深まったことは間違いありませんね。

上記のことがきっかけで議論の1つに機械が弱いチームの勝ちを予想する回数が多いのではという疑惑があったそうです。

サッカーは当然、強いチーム・弱いチームがあり対戦する際には、強いチームの勝率が高くなります。

下記に過去のJリーグで1番強かったチームと弱かったチームの勝率の差を表しました。

  • 1位 川崎フロンターレ 約73.6%
  • 20位 横浜FC 約15.8%

確認すると、大差があることがわかりますね。

サッカーは野球と比較すると、チームの実力差に大差があり結果に反映されるスポーツであるので、もし裏でコンピューターが操作されているとすると、高額当選を狙うことはかなり難しいと考えます。

コンピューターが裏で当たらないように構築しているとは考えづらいですよね。

初めてBIGを購入する人は上記の事実を覚えておくとよいでしょう。

さいごに|当選確率が低い可能性をふまえて、BIGの当たらない仕組みを理解しよう

BIGの当たらない仕組み・当選しやすい買い方や不正についても解説してきました。

自分で予想する必要がなく、サッカーに詳しくない人でも楽しめることができます。

BIGには5種類あり、継続して購入することが大切です。

BIGは過去にコンピューターが裏で当たらないよう構築しているのではといわれていましたが、現実的に考えづらいことです。

当選確率の低さが当たらない最大の理由であると予想されます。

自分に合った予想方法が見つかるとよいですね。

本記事を参考にして、BIGを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました