当サイト「愛Tソリューション」ではダイエットや家庭教師、宝くじ、名言など総合ジャンルのおすすめ情報を取り扱っています。

新卒看護師が参考にしたい就職先の選び方とは?重要なポイントなども解説!

【看護師の転職情報まとめ】現役の看護師が実体験をベースにリアルトークを大公開!

「新卒看護師の場合、何を参考に就職先を選んだらよいの?」

「就職先を選ぶ時にどんなポイントを見たらよいのか分からない。」

上記のように悩んでいる方が、本記事にたどり着いたことでしょう。

今まで看護実習や知識を得るための勉強を一生懸命してきたあなたは、自分にとってより良い就職先を見つけたいと思うでしょう。

よい就職先の選び方やポイントが気になりますよね。

本記事では、

  • 新卒看護師が参考にしたい就職先の選び方
  • 新卒看護師にとってのインターンシップや見学の重要性
  • 就職先の選び方で大事な3つのポイント

について、新卒看護師として就職経験のある看護師が解説します。

ぜひ、参考にしてください。

新卒看護師が参考にしたい就職先の選び方とは?

新卒看護師として、どのような就職先を選ぶべきなのでしょうか。

新卒看護師は、まず自分をよく知ったうえで理想とする看護師像を見つける必要があります。

理想に近づくことができる就職先を選ぶことが大切です。

新卒看護師として就職した先で理想とする看護師に成長していくことは、看護師としてのやりがいに繋がり仕事を続けていくことへの意欲にもなります。

新人看護師として就職すると、就職先が重要視する価値観や理念に影響を受けることとなり、看護師としてのキャリア形成もその就職先が始まりとなります。

もしも、自分の理想と就職先の価値観や理念が違っていた場合、葛藤を抱くこととなり仕事を継続する意欲を失うことになりかねません。

また、就職先によってキャリア形成の教育方法はさまざまで、看護師になる前に思い描いていた理想とは違ったキャリアを形成していくことは苦痛を伴い仕事をやめてしまう看護師もいます。

では、どのようにすることで自分を知り理想とする看護師像を見つけることができるのでしょうか。

まずは、自分がどのような人物なのかを知ることです。

  • 家族や、友人に自分はどのような人物なのかを尋ねたり、自分の強みは何かを考えてみる
  • 自分の好きなことや、価値観、理念について考える
  • 看護実習を振り返り、自分はこの診療科が楽しく、もっと学んでみたいと思った
  • 看護実習中に、素敵な先輩看護師がいて、こんな看護師になりたいと思った

など、今までの人生を振り返り自己分析をしてみるとよいでしょう。

自己分析して、自分はこうだからこんな看護師になりたいと思うようになるはずです。

自分が思い描いた理想にできるだけ近づける就職先を選ぶことが大切となります。

新卒看護師にとってインターンシップや見学の重要性は?

新卒看護師が自分に合った就職先を選ぶために、インターンシップや見学は重要です。

なぜ重要なのでしょうか。

新卒看護師にとって重要な2つのポイントを下記にまとめました。

  • 医療機関での体験の意義
  • 就職先の実際の雰囲気や業務内容の把握

上記について詳しくみていきましょう。

医療機関での体験の意義

医療機関で体験することは、新卒看護師が就職先を選ぶうえで重要なことです。

医療機関での体験は、医療機関のさまざまな診療科や部署でおこなうことができます。

仕事内容や動きを知ることができて、先輩看護師とともに観察やケアをすることで看護師としての視野も広がります。

また、自分はどんな診療科に興味を持っているのか理解することができたり、さまざまな診療科で実際に働いている看護師と知り合う機会があるため、理想となる看護師に出会うことができるかもしれません。

さらに、体験する医療機関で大事にしている価値観や理念についても知ることができるでしょう。

医療機関での体験には、積極的に参加して自分の理想とする看護師像に近づける就職先を選ぶことが重要となります。

就職先の実際の雰囲気や業務内容の把握

就職先の実際の雰囲気や業務内容を把握することも、新卒看護師が就職先を選ぶ際に重要です。

就職先の雰囲気や業務内容は、就職後の働く意欲に繋がっているためです。

新卒看護師として就職し、実際働いてみてこの診療科と自分は雰囲気が合わない、こんな業務をしたくて看護師になったわけではないという言葉を耳にすることがあります。

後悔する言葉を話す看護師のなかには、職場に馴染めず辞めてしまう看護師もいます。

できるだけ辞める選択をしなくても済むように、さまざまな職場のインターンシップや見学に積極的に参加して比較して就職先を選ぶことが重要です。

就職先の選び方で大事なことは?新卒看護師に3つのポイントで解説!

就職先の選び方で、大事なことは何でしょうか。

就職先選びの大事なポイントを知りたいですよね。

新卒看護師が、就職先を選ぶ時に見る必要のあるポイント3つを下記にまとめました。

  • 医療機関の種類と特性の把握
  • 待遇や福利厚生の比較
  • 地域や環境の考慮

上記について詳しくみていきましょう。

医療機関の種類と特性の把握

就職先を選ぶ際に、医療機関の種類と特性について把握して自分がどのような医療機関で働きたいのか決める必要があります。

医療機関の機能・救急指定・診療科について、下記にまとめました。

  • 機能
  • 救急指定
  • 診療科

上記についてそれぞれみていきましょう。

機能

  • 診療所・クリニック

入院施設がない、または病床数19以下で医師が患者に医業をおこなう所

  • 一般病院

病床数20以上で医師が患者に医業をおこなう病院

  • 地域医療支援病院

病床数200以上で地域の診療所などから紹介された患者への医療提供、24時間救急医療の提供、地域の医療従事者に対する研修などをおこなう病院

  • 特定機能病院

病床数400以上高度医療の提供、高度医療の開発、評価、研修をおこなう病院

救急指定

  • 第三次救急医療

24時間体制で救急患者を受け入れる病院

  • 第二次救急医療

入院が必要な救急患者を地域の病院で当番制にして受け入れる病院

  • 第一次救急医療

軽症な救急患者を地域の医師の当番制で受け入れる病院

診療科

  • 総合病院

さまざまな診療科がある病院

  • 専門病院

専門の診療科がある病院

待遇や福利厚生の比較

就職先によって、給与や休日、勤務体制、福利厚生に差があります。

就職先によって違う待遇はよければよいほど、自分が働く際にモチベーションアップに繋がります。

逆に、他の就職先と比べよくないと感じてしまうと働く意欲を失いかねません。

就職先を選ぶときには、就職先の待遇や福利厚生の違いについてよく調べ、自分が納得したうえで決定するとよい結果につながることでしょう。

地域や環境の考慮

就職先を選ぶ場合、地域や環境も考慮しなくてはならないポイントの1つです。

自宅から就職先への距離や職場環境は働くうえでのストレス軽減や、モチベーションアップに繋がります。

就職先によっては夜勤や夜中に出勤しなければならない場合があるため、早番勤務など朝早くに出勤しなければならないこともあります。

できるだけ自宅から安全、安楽に出勤ができる地域の就職先を考慮しましょう。

環境については新しい施設であるときれいな環境で働くことができたり、職員の働く環境や動線などを考え設計された施設もあります。

自分が就職して動きやすい職場環境であることも、就職先を選ぶ際にポイントの1つとなるでしょう。

さいごに

今回は、新卒看護師が参考にしたい就職先の選び方や重要なポイントについて解説してきました。

本記事を読むことで、就職先の選び方や、重要なポイントを理解していただけたかと思います。

新卒看護師として就職することは、人生で1度きりです。

1度きりの就職を後悔や失敗することのないよう、本記事を参考にしていただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました