当サイト「愛Tソリューション」ではダイエットや家庭教師、宝くじ、名言など総合ジャンルのおすすめ情報を取り扱っています。

看護学生の病院選びでは何が重要?ポイントを踏まえて就職先の決め方を解説!

【看護師の転職情報まとめ】現役の看護師が実体験をベースにリアルトークを大公開!

「看護学生の病院選びって何が重要なの?」

「就職先を考えているけど、どうやって決めたら良いの?」

今、本記事を読んでいる方は、上記のような感情を抱きながら読んでいませんか。

忙しい実習やレポートの合間に、就職先を考えなければならない大変さはよく分かります。

看護学生が就職先を考えるなかで、就職先となる病院選びで重要なこと、ポイントがまとまっていたら参考にしたいと思いませんか。

そこで、本記事では、

  • 看護学生の就職先選びで重要なこと
  • 先輩看護師の病院選びの条件ランキングTOP3
  • 看護学生の就職先においてどんな決め方をすれば良いか

上記の3つのポイントについて看護師として就職した経験のある看護師が解説しています。

ぜひ参考にしてください。

看護学生の就職先選びで重要なこととは?

看護学生が新卒看護師として就職先を選ぶ際に重要なことは、自分がどのような看護師になりたいかを明確にすることです。

なぜなら、最初に就職した先が自分の看護の基盤となるためです。

看護師という職業は、新卒看護師として就職するとすぐに1人前の看護師として認められるわけではありません。

看護学生として学んだ看護の知識や技術をもとに、就職先で教育を受けながら1人前の看護師として成長していきます。

就職先で、看護師として成長しながら自分がなりたい看護師像に近づくことができるかが重要となります。

自分はどのような看護師になりたいのかを考えてみるとよいでしょう。

家族や友人に自分はどんな人なのかを尋ね、自分を知ることが重要です。

「どんな診療科に向いているか」

「看護実習で、この診療科は自分にとって、楽しく、学びがあり、もっと知りたい思った診療科はなかっただろうか」

上記のように、自分を分析してみるとよいでしょう。

自己分析をし、理想の看護師像を見つけることが大切です。

  • 就職先でどんな教育を受けたいか
  • こんな規模でこんな診療科のある病院で働いてみたい
  • この勤務先であれば、その理想の看護師像に近づけるのではないか
  • この給料なら、自分の生活スタイルに合わせられるだろう
  • 自分の性格上、こんな雰囲気の病院で働くと良さそう

上記のような病院を選ぶうえで必要となる事項がみえてきます。

つまり、自己分析によって、理想の看護師像を見つけその理想像に近づけるような就職先を見つけることが重要であり、就職先を考えるうえでは、新人教育・診療科・給料・勤務体制・職場の雰囲気はどうなっているかなどを参考に選んでいくとよいでしょう。

先輩看護師の病院選びの条件ランキングTOP3!看護学生の就職先選びに活用!

就職先を選ぶとき、先輩看護師はどのように病院選びをしたのでしょうか。

本記事を読んでいる看護学生は先輩看護師の意見も参考にしたいですよね。

ここでは、看護学生が就職先選びに活用できるよう、先輩看護師の病院選びの条件ランキングTOP3を下記にまとめています。

  • 職場の雰囲気
  • 研修が充実している・成長に繋がる
  • 福利厚生

上記について詳しくみていきましょう。

職場の雰囲気

就職先を選ぶうえで、職場の雰囲気は非常に重要です。

職場の雰囲気は仕事を続けることに対し、よくも悪くも影響をもたらすからです。

理想の看護師像になれるよう就職しても雰囲気のよくない職場で働くことは、精神的な負担となります。

不明点を先輩に聞くにしても雰囲気がよくなければ聞くことが出来ず、聞けないまま看護を続けることで医療事故に繋がることもあります。

しかし、雰囲気の良い職場で働くことは職場の職員と話ができるため、身体的・精神的負担を軽減しながら学べるでしょう。

研修が充実している・成長に繋がる

就職先を選ぶうえで、研修が充実している・成長に繋がる職場を選ぶことは重要です。

研修があり成長に繋がる職場を選ぶことで、自分がなりたい看護師像により近づくことができます。

例えば、職場の特性に合わせた研修によって、さまざまな学びを得ることができます。

また、プリセプター制度といって、新人看護師にプリセプターとよばれる先輩看護師がつき新人看護師の成長を助けてくれる制度や、ラダー制度という看護師の経験に応じてキャリアアップできる教育システムの病院もあります。

上記の研修や、自分の成長に繋がる制度がある病院を探すことも就職先選びにおいて活用できるでしょう。

福利厚生

就職先を選ぶうえで、福利厚生がどのようになっているか把握することも重要です。

福利厚生などの待遇は自分の働くモチベーションに繋がります。

福利厚生は、就職先によって差があります。

看護学生の同期が自分よりも福利厚生の手厚いところで働いていると、自分の仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。

福利厚生には、法定福利厚生法定外福利厚生があります。

法定外福利厚生は、職員の生活の質を向上させてくれるものや生活費の負担を軽くするものなど、働く職場によって差があります。

自分が興味をもった職場の福利厚生の内容について把握し、比較することでよりよい就職先を選ぶことができるでしょう。

看護師の病院選びの基準とは?確認すべきポイントを解説

看護学生の就職先においてどんな決め方をすればよいか?3つのポイントで解説!

看護学生の就職先において、どんな決め方をすれば良いのでしょうか。

ここでは、看護学生の就職先において、どんな決め方をすればよいのか、3つのポイントを

下記にまとめています。

  • 給与
  • 勤務体制
  • どの科に配属希望なのか

上記について詳しくみていきましょう。

給与

就職先を考えるうえでポイントとなることの1つ目は、給与です。

給与は生活していくための基盤となるもので、就職する職場によってさまざまな違いがあります。

初任給はよくても、給与が増えていかないといった職場もあります。

給与についてよく調べて、よりよい就職先を決めていくことが必要です。

勤務体制

就職先を考えるうえでポイントとなることの2つ目は、勤務体制です。

勤務体制は、自分の生活スタイルに合わせた勤務体制を選ぶ必要があります。

勤務体制はさまざまありますが、2交代制3交代制をとっている職場がほとんどです。

2交代制は、主に日勤帯の時間と夜勤帯の時間で分けられます。

2交代制の場合、夜勤が終われば休日となる勤務体制をとる職場がほとんどで、夜勤が終われば自分の時間がとれるというメリットがあります。

しかし、夜勤が長く患者を看護する時間も長くなり、精神的・身体的に辛いというデメリットもあります。

3交代制の場合、勤務の時間は短くなるというメリットがありますが、日勤が終わり深夜に職場にいかなければならず、休む時間は短くなるというデメリットもあります。

勤務体制にはそれぞれメリット、デメリットがあるため、自分はどんな勤務体制に合っているかをよく考えたうえで、就職先を決めていくことが必要です。

どの診療科に配属希望なのか

就職先を考えるうえで3つ目のポイントは、どの診療科に配属希望なのかということです。

自分の理想に近い条件の配属先へ就職することで、自分のモチベーションに繋がり仕事を継続しやすいです。

看護師の職場では、すべての診療科が必ず存在するわけではありません。

また、職場に自分が所属したい診療科があっても総合病院など、さまざまな診療科を持つ病院では新人看護師の希望にかかわらずランダムで所属先を決めるところもあります。

自分がどの診療科に所属したいのか明確である場合、診療科が就職先にあるのかを確認し、その診療科に自分が必ず所属できるのかを確認しておく必要があります。

さいごに

今回は、看護学生の病院選びで重要なことやポイントを踏まえた就職先の決め方について解説してきました。

本記事を読むことで看護学生として就職先で重要なこと、何をポイントとして就職先を選んだらよいか理解していただけたと思います。

看護師として資格を得て就職したとしても、1人前になるには時間がかかります。

しかし、看護学生としての学び・頑張りは決して無駄にはなりません。

本記事が、理想の看護師像として1人前になれる就職先を探すことの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました